上海在住の日本人医師に聞く 中国がコロナを抑え込めた理由とは?「西洋医による対応は難しい」

ヘルス

2021/04/19 11:00

 2020年に世界中に感染が広がった新型コロナウイルス。中国では伝統医学である中医学と西洋医学を併用し、新たに開発した処方でコロナ重症化を防いだという。一方、日本では西洋医学中心の治療のままだが、今後、予防や回復において、漢方薬への注目が集まっている。週刊朝日ムック「未病から治す本格漢方2021」では、上海在住の日本人医師に取材し、中国が感染を抑え込んでいる理由を聞いた。

あわせて読みたい

  • 常盤貴子さんの定番ルーティンは「役抜き」旅 香港・上海で出会った健康法は?

    常盤貴子さんの定番ルーティンは「役抜き」旅 香港・上海で出会った健康法は?

    dot.

    4/8

    新型コロナの重症化を防いだ「漢方薬」とは? 専門学会が注意喚起も

    新型コロナの重症化を防いだ「漢方薬」とは? 専門学会が注意喚起も

    週刊朝日

    8/1

  • 常盤貴子さんが漢方生活を語る 週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2021』発売!

    常盤貴子さんが漢方生活を語る 週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2021』発売!

    3/30

    西洋医学では治せない病気でも、漢方なら治療できる?

    西洋医学では治せない病気でも、漢方なら治療できる?

    dot.

    4/12

  • 八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

    八味地黄丸で頻尿治療…漢方薬が医師から注目されるワケ

    週刊朝日

    3/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す