小室さん問題で「公」より「私」に走った眞子さま  高齢の元婚約者を追い詰めた菊と法の包囲網 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小室さん問題で「公」より「私」に走った眞子さま  高齢の元婚約者を追い詰めた菊と法の包囲網

婚約内定の会見を開いたときの眞子さまと小室圭さん(c)朝日新聞社(代表撮影)

婚約内定の会見を開いたときの眞子さまと小室圭さん(c)朝日新聞社(代表撮影)

成人を迎えた小室さんが、帝国ホテルで記念撮影に臨んだ様子

成人を迎えた小室さんが、帝国ホテルで記念撮影に臨んだ様子

元婚約者と小室佳代さん、小室さんの3人でホテルの高級仏料理店で、小室さんの誕生日のケーキを囲んだ

元婚約者と小室佳代さん、小室さんの3人でホテルの高級仏料理店で、小室さんの誕生日のケーキを囲んだ

 4月9日、加地隆治皇嗣職大夫の口から、驚くような言葉が飛び出した。眞子さまは、2017年末に、金銭トラブルの報道が出た時から小室さん側から相談に乗ってきたこと。そして、小室圭さんのこれまでの元婚約者への対応についての方針は、眞子さまの意向が大きかったというのだ。

【高級ホテルで記念撮影】足を組んでポーズを決める小室圭さん

 眞子さまの、こんなコメントも伝えられた。

今回発表された文書を読まれて、いろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃれば有り難い」

 小室さんの文書への反応は、西村泰彦宮内庁長官が、「非常に丁寧に説明されている印象だ」と「評価」した。しかし、宮内庁内で、小室さんの文書が好意的に受け止められているという話はほとんど聞こえてこない。眞子さまのコメントについても、宮内庁関係者のひとりは、呆れた様子でこう話す。

「恋人と一般人の間に起きた金銭トラブルに、皇族の眞子さまが加わって一緒にケンカをしていたという話です。本来、皇室のメンバーは、一線を引かなければならないところです。ましてや天皇の孫として生まれた内親王です」 

 元宮内庁職員の山下晋司氏は、眞子さまの対応についてこう分析する。

「昨年11月に、お気持ちを公表された際もそうでしたが、今回の眞子内親王殿下の対応とコメントからは、公よりも『私』を重んじておられように感じます」

 眞子さまの行動は、天皇の孫として生まれた内親王というよりも、一般の国民としてのものに近い。もはや、気持ちは結婚後に向いているようだ。

 実際、8日の西村長官のときも、加地皇嗣職大夫の記者会見でも、小室さんの文書に対して記者らが評価するムキはほとんどなく、しらけた空気が漂っていたという。

 加地皇嗣職大夫は、秋篠宮ご夫妻も、

「小室家側が、この問題を解決するために行ってきたいろいろな対応が、見える形になるよう努力したもの」

 と受け止めたと伝えられた。

 だが、小室さんの文書にある主張は、断片的な法律論を強引に振りかざして、素人である元婚約者を追い込むような強引さがにじむ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい