子孫に資産を残すことに無関心だった高祖父・渋沢栄一 相続税のいらない財産とは? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子孫に資産を残すことに無関心だった高祖父・渋沢栄一 相続税のいらない財産とは?

連載「渋沢栄一の玄孫が明かす「元気振興」金言」

渋沢健dot.#大河ドラマ#渋沢栄一
481社の創業にたずさわったという渋沢栄一=渋沢栄一記念館提供

481社の創業にたずさわったという渋沢栄一=渋沢栄一記念館提供

しぶさわ・けん シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役、コモンズ投信株式会社取締役会長。経済同友会幹事、UNDP SDG Impact 企画運営委員会委員、東京大学総長室アドバイザー、成蹊大学客員教授、等。渋沢栄一の玄孫。幼少期から大学卒業まで米国育ち、40歳に独立したときに栄一の思想と出会う。

しぶさわ・けん シブサワ・アンド・カンパニー株式会社代表取締役、コモンズ投信株式会社取締役会長。経済同友会幹事、UNDP SDG Impact 企画運営委員会委員、東京大学総長室アドバイザー、成蹊大学客員教授、等。渋沢栄一の玄孫。幼少期から大学卒業まで米国育ち、40歳に独立したときに栄一の思想と出会う。

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公で「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一。渋沢家五代目で渋沢健氏が衝撃を受けたご先祖様の言葉の数々とは? 

【写真】「青天を衝け」でヒロインを演じて人気急上昇中の女優はこの人

*  *  *

 60年前の1961年に、坂本九の「上を向いて歩こう」がヒット曲となりました。まだ日本は終戦からの途上国であり、物質的にはそれほど豊かではなかったかもしれません。ただ、「今日よりも、よい明日」への期待感があった時代です。

 そして、現在の2021年、物質的には豊かになっている先進国日本は、どのような「明日」を描いているのか。その答えを求めているように、NHK大河ドラマ「青天を衝け」が放送されています。

 ただドラマが描いている渋沢栄一は現在の人間ではありません。1840年生~1931年没、今から100年~150年前ぐらい前に活躍した人物です。60年という「還暦」を経て、なぜ渋沢栄一が呼び戻されているのでしょうか。
青天を衝くためには、上を向いて歩く必要がある。

 もしかすると、このような必然性が潜在的な意識として日本社会で広まっているのかもしれません。

 高祖父(祖父の祖父)にあたる渋沢栄一は、およそ500の会社および600の社会的事業の設立に関与し、「日本資本主義の父」といわれます。その人物が提唱したのが「論語と算盤」。道徳と経済が合致すべきという考えです。

「資本主義の父」かもしれませんが、渋沢栄一は数多くの会社や膨大な不動産など資産を子孫に残すことに関心がなかったと。そう思って自分自身は育ちました。しかし、今から20年前に自分が40歳になったときに、実は曾々爺様は素晴らしい財産を残してくれていたことに気づきました。

 なぜなら、この財産は減ることない。相続税もかかりません。何故なら、その財産は「言葉」だからです。

 渋沢栄一は、自身の想いが詰まった言葉をたくさん残しています。異なる時代に発された言葉でありますが、今の時代の文脈に表現すれば、充分に活きてくる。

 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい