クロちゃんが「豆柴の大群」のプロデュースで感じた「アイドルの人生を背負う」という重圧 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クロちゃんが「豆柴の大群」のプロデュースで感じた「アイドルの人生を背負う」という重圧

連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」

dot.#クロちゃん
クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)

クロちゃんと「豆柴の大群」(写真:クロちゃん提供)

クロちゃんと「豆柴の大群」(写真:クロちゃん提供)

クロちゃんと「豆柴の大群」

クロちゃんと「豆柴の大群」

 安田大サーカスのクロちゃんが、気になるトピックについて“真実”のみを語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは、「水曜日のダウンタウン」内の企画で誕生したアイドルグループ「豆柴の大群」。昨年は、念願のメジャーデビューを果たし、レコード大賞新人賞にも輝くなど、大活躍の一年だった。しかし、アドバイザーとして、一部の作詞なども手掛け、グループを支えるクロちゃんには、さらなる野望があるという。クロちゃんが目指す「豆柴の大群」の未来とは?

【写真】クロちゃんとはもう特別な関係?「豆柴の大群」はこちら

*  *  *
 ボクは、アイドルグループ「豆柴の大群」のアドバイザーを務めている。(グループ結成当初の肩書きはプロデューサー)

 これまでの活動内容を簡単に説明すると、2019年12月にシングル「りスタート」でインディーズデビュー。2020年10月にはシングル「AAA」でメジャーデビューをして、12月にはレコード大賞新人賞も獲得(これはメンバーと一緒に号泣)。そして、2021年1月にメジャー1stアルバム「まめジャー!」を発売したんだしん。

 グループ結成から、1年3カ月。振り返れば、あっという間だったなー。

 正直に言うと、最初、「水曜日のダウンタウン」でアイドルグループのプロデューサーをするっていう企画を聞かされた時は、素直には喜べなかった。

 もちろん、ボクはアイドルが大好きだから、いつかはそういう仕事がやれたらいいなって、昔から漠然と思ったりしていたのは事実。 だけど、そうなったら、今後アイドル談義で好きなこと言えなくなっちゃうなとか、他のアイドルを応援しづらくなるなとか、色々考えちゃって、ボクには到底無理だろうなって思っていた。

 何より、その子たちの人生を背負うことになっちゃうし、そんな責任感のある仕事、ボクにできるかなって。だから、企画の話を聞いた瞬間は、ヤッター!っていう気持ちよりも、「これはちゃんとやらないといけない…」って覚悟したし、重圧を感じたのを覚えている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい