音柱・宇髄天元が「遊廓」で戦うことが必然だった理由

2021/02/27 11:32

 週刊少年ジャンプに連載された『鬼滅の刃』の第2期アニメ化が発表された。第1期アニメ「竈門炭治郎立志編」、映画「無限列車編」に続いて、公開予定のアニメは「遊郭編」である。この「遊郭編」では、音柱・宇髄天元がメインキャラクターをつとめる。先行公開された第1弾PVの宇髄天元の「派手だろ?」の決めゼリフは話題となり、声優・小西克幸氏にも注目が集まる。宇髄天元は鬼殺隊の中で最も派手で華やかな隊士だ。 この宇髄天元が「遊郭」という“暗部”で鬼と戦うことには、実は大きな意味があったのだ(以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます)

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す