『鬼滅の刃』の人気キャラ・冨岡義勇が「嫌われ役」として描かれる意味

2021/01/23 11:32

 大ヒットアニメ『鬼滅の刃』に登場するキャラクターの中で、常に人気上位にランクインしている水柱・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)。「週刊少年ジャンプ」の2017年47号の投票では4位、20年47号では2位と、その人気は根強い。コミックス第1巻から登場している義勇は、鬼殺隊の柱として常に前線で戦い、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)と禰豆子(ねずこ)兄妹の恩人として慕われているが、ときおり、ほかの「柱」たちからは厳しい目を向けられる。人気キャラにもかかわらず、作中では冨岡義勇が「嫌われ者」としても描かれる理由を考察した。
(以下の内容には、既刊のコミックスのネタバレが含まれます)

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す