巨人・菅野がまさかの残留 アテが外れて「崖っぷち」となりそうな若手・中堅投手たち (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

巨人・菅野がまさかの残留 アテが外れて「崖っぷち」となりそうな若手・中堅投手たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
巨人の菅野智之投手(C)朝日新聞社

巨人の菅野智之投手(C)朝日新聞社

 ポスティング制度を利用して米大リーグ移籍を目指していた菅野智之(31)が8日、巨人に残留することが決まった。セ・リーグ3連覇へ向け球団側は大エースの残留を喜ぶ一方、まさかの事態に「余剰戦力」すれすれの選手たちは、尻に着いた火の勢いが一段と増した形だ。

【写真】来季ブレイクしそうな巨人の若手投手はこの選手!

*  *  *
 菅野と巨人の契約は早期にまとまる方向だが、米の一部報道では、巨人が菅野に対し、1年ごとにオプトアウト(契約見直し)の権利を持つ4年契約をオファーし、年俸も昨季の6億5000万円から大幅に上がるとの見方を伝えている。

 残留決定について、菅野は巨人を通じてこうコメントした。

「今月1日に渡米して様々な方々から話を聞き、新型コロナウイルスの影響が深刻化する中でのMLBの今シーズンの動向などを見極めた結果、今季も読売巨人軍でプレーしようという結論に至りました。(中略)原監督やチームメイトたちと日本一奪還を目指し、今シーズン後に改めて自分の夢、将来を考えたいと思っています」

 文面には、まだメジャー挑戦を諦めていないこともにおわせたが、コロナ禍の先行きが見えていない状況では、再びメジャーを目指すかは不透明だ。それにより、大きく影響を受けるのは、ローテ入りを目指していた巨人の投手陣だろう。

「菅野がいなければ、中堅クラスや若手の投手たちのチャンスが増えたはず。ただ、残留によって状況は変わり、チャンスは減ります。特に先発候補はすぐに結果を出せないと、はじき出される選手が出てくるでしょう」(球団関係者)

 昨季20試合に先発して14勝を挙げ、チームで唯一の規定投球回に達した菅野。絶対的な先発の柱が抜ける前提で補強を進めていた巨人は、DeNAから通算50勝右腕の井納翔一を獲得した。昨季9勝の戸郷翔征、8勝のサンチェスは順調ならローテ入りが濃厚と見られているが、他は横一線の状況だ。

「影響を受けそうなのは入団6年目の桜井(俊貴)だと思います。去年は開幕ローテに入ったものの、結果を残せずわずか2勝。防御率も2年続けて4点台と、大卒ドラフト1位の期待を裏切っています。エース候補として期待され続けた宮国(椋丞)が昨年、28歳で戦力外になりましたが、桜井も今年で28歳。同じ右腕の畠(世周)が昨季の途中からローテに入り成長の跡をみせており、まさに背水の陣です」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい