スルガ銀行の不正融資問題が再燃か 開示された「偽造資料」の束

2020/12/28 08:02

 スルガ銀行の問題はまだ終わっていない――。そう口をそろえるのは、スルガ銀行の不正融資で被害に遭った顧客の被害弁護団共同代表の山口広弁護士と河合弘之弁護士だ。新たな焦点に浮上しているのは、スルガ銀行が触れてほしくない同行最大の「火薬庫」である。

あわせて読みたい

  • “甘い汁”に大きなツケ 不動産市場を「スルガ・ショック」が直撃

    “甘い汁”に大きなツケ 不動産市場を「スルガ・ショック」が直撃

    AERA

    8/28

    キーマンの肉声入手、かぼちゃの馬車問題を引き起こしたスルガ銀の体質とは

    キーマンの肉声入手、かぼちゃの馬車問題を引き起こしたスルガ銀の体質とは

    AERA

    5/16

  • スルガ銀巡る不正融資 業者激白「私はこうして通帳を改ざんした」

    スルガ銀巡る不正融資 業者激白「私はこうして通帳を改ざんした」

    週刊朝日

    5/31

    シェアハウス投資集団訴訟 旗振り役の銀行に責任はないのか

    シェアハウス投資集団訴訟 旗振り役の銀行に責任はないのか

    AERA

    4/5

  • 書類偽造で業務停止に猛反発 残念すぎる不動産業界の倫理観

    書類偽造で業務停止に猛反発 残念すぎる不動産業界の倫理観

    dot.

    6/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す