“耳の痛い話”を上手に伝えたいなら「愛」がポイント

朝日新聞出版の本

2020/12/04 08:02

 相手のことを思い、良かれと思って言ったのに聞き入れてもらえず、逆に相手の心が離れていってしまった……。そんな失敗をしたことはありませんか? 『人気NO.1予備校講師が実践!「また会いたい」と思われる話し方』(朝日新聞出版)の著者の犬塚壮志氏は、そのような苦い経験を糧にし、話し方を変えることで、人気No.1講師へと変貌を遂げたと言います。その話し方のコツを、同書から一部を抜粋、再編集して紹介します。

あわせて読みたい

  • 自分を過大評価してしまう人が陥る「ワナ」と、信頼獲得に欠かせない「たった1つのコツ」とは

    自分を過大評価してしまう人が陥る「ワナ」と、信頼獲得に欠かせない「たった1つのコツ」とは

    dot.

    11/17

    「キミ、問題を解くの遅いね」の一言で後悔…どう言えば良かったのか? 人気No.1講師が教えます

    「キミ、問題を解くの遅いね」の一言で後悔…どう言えば良かったのか? 人気No.1講師が教えます

    dot.

    11/13

  • やっかいな部下に耳の痛いことを上手に伝える事前準備とは?

    やっかいな部下に耳の痛いことを上手に伝える事前準備とは?

    dot.

    12/27

    「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    「難聴」予防が認知症リスクを減らす? 医師が関係性を解説

    週刊朝日

    9/7

  • 部下を叱る時、「よくやっていると思うよ、君も」がNGフォローな理由

    部下を叱る時、「よくやっていると思うよ、君も」がNGフォローな理由

    dot.

    1/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す