大学病院と個人医院、どっちが高い? インプラント治療費の傾向 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大学病院と個人医院、どっちが高い? インプラント治療費の傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本口腔インプラント学会dot.#ヘルス#病気#病院
※写真はイメージです(GettyImages)

※写真はイメージです(GettyImages)

A~Dのいずれの歯科医院も日本口腔インプラント学会の会員の施設。Aは記事中に出てくる関東の大学病院(『「かめる幸せ」をとり戻す』より)

A~Dのいずれの歯科医院も日本口腔インプラント学会の会員の施設。Aは記事中に出てくる関東の大学病院(『「かめる幸せ」をとり戻す』より)

 近年、失った歯の代替法の一つであるインプラントは、「しっかりかめる」「本当の歯のよう」「残った歯に負担が少ない」といったメリットから注目を浴びています。しかし、治療にかかる費用は、少なくはありません。日本口腔インプラント学会は、広く一般の方々に向けて、インプラントについての正しい情報を伝える公式本『「かめる幸せ」をとり戻す』を9月に刊行しました。本書から抜粋する形で気になる「お金のこと」についてご説明していきます。

【図】インプラント治療にかかる金額の違い

*  *  *
 インプラントは自由診療(※保険診療ではない。全額自己負担)です。国が治療費を定める保険診療と違って、自由診療では治療費をそれぞれの医療機関が自由に決められます。

 そのため費用は各歯科医院によって異なります。つまり保険診療の治療のように「治療費はだいたい同じ」ではありません。
 
 インプラントは、手術によって骨に人工歯根を埋め込む治療です。義歯やブリッジなどの治療に比べて、治療内容も複雑になりますし、手術に必要な専用の器材、環境整備、検査、高度な技術の習得や維持などの各種のコストがかかります。その一つひとつの金額が、各歯科医院によって違うのです。インプラントを埋入する本数でも費用は変わります。追加の手術が必要になることもあります。そのため、インプラントの治療費用にはばらつきがあるのです。

 では、インプラント治療には、具体的にいくらくらいかかるのでしょうか。
 
 だいたいの金額がわかるよう、一例として、ある関東の大学病院でのインプラント治療の各段階にかかる金額の目安をお伝えします。

初診……約5千円
相談……約5千円
各種検査……約4万円
インプラント埋入手術(1次手術)……約20万円
インプラント埋入手術(2次手術)……約5万5千円
仮歯……約5万円
アバットメント……約11万円
上部構造1本……約11万円
メインテナンス(1回通院分)約3千円


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい