正しい医療情報を発信することで救える命がある……医師の使命とは

ヘルス

2020/11/03 17:00

 アトピー性皮膚炎や皮膚がんの一種であるメラノーマが専門の、京都大学医学部特定准教授の大塚篤司皮膚科医。大塚先生は、SNSや書籍などで医療情報の発信もしている。現在発売中の『医学部に入る2021』では、大塚医師に取材をし、医師になった経緯や医師だからこそ言葉を大切にする理由を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?

    dot.

    9/4

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    8/31

  • 小説『神様のカルテ』著者×コラムニスト医師 医療情報を発信する共通項は?【大学同期の医師対談】

    小説『神様のカルテ』著者×コラムニスト医師 医療情報を発信する共通項は?【大学同期の医師対談】

    dot.

    8/20

    新米教授が挑む大学医学部の「働き方改革」 理不尽を終わらせられるか?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    新米教授が挑む大学医学部の「働き方改革」 理不尽を終わらせられるか?

    dot.

    5/28

  • がん患者が漏らした「私はまだ治療がしたい」に医師は…
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    がん患者が漏らした「私はまだ治療がしたい」に医師は…

    dot.

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す