「夫婦関係がうまくいかない」と悩む前に! その会話の「構図」は大丈夫? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「夫婦関係がうまくいかない」と悩む前に! その会話の「構図」は大丈夫?

連載「男と女の処世術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西澤寿樹dot.# 男と女#夫婦#西澤寿樹
写真はイメージです(GettyImages)

写真はイメージです(GettyImages)

 カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「夫婦間のコミュニケーションをダメにする構図」について。夫婦関係がうまくいかないとお悩みの方は必読の内容です。
*  *  *
 先日、足立紳監督の「喜劇 愛妻物語」という映画を見ました。

 ストーリーよりも私が気になったのが、妻とセックスをしたい夫・豪太と妻・チカのコミュニケーションのパターンです。豪太はチカを説得してセックスに近づけたいのですが、その結果、チカの話に基本否定で答えます。

 正確には覚えていませんが、

「いや……」

「でもさ、でもさ……」

「だけど……」

「そんなこと言ったって……」

 というような言葉が多用されていて、半ば職業病でかなり気になりました。

 以前、妻が口をきいてくれないのをどうにかしたいと言って、一人でお出でになった慎吾さん(職業不詳、40代前半)を思い出しました。彼も、その先にはセックスというのがあったようですが、さすがに口もきいてくれない人とセックスというのは難しいので、まずは話をしてくれるような関係になり、それから一緒に旅行に行けるようになって、セックスという深謀遠慮のお話でした。

 実は、慎吾さんの話もすべて否定から入ります。

「奥様との会話がないっていうことなんですね」

 とお聞きすれば、

「いや、全くないというわけではないですが、ほとんどないというか、事務的なことをたまにいうか言わないかぐらいで」

 と答え、

「それは、しんどいですね。」

 と言えば、

「いや、しんどいっていうか、何かいいアドバイスがないのかな、と思って」

「先が見えない感じがしますよね」

「いや、先が見えないというか、何を考えているのかわからないというか……」

 というような調子です。

 発言が「いや」から始まるので、なんとなく否定された気分になりますが、そのあとに続く話からすると、私の言っていることを否定しているどころか、肯定しているように思えます。

 私は「とりあえず、いや、と否定から入りますよね。」と言ってみました。予想どおり、

「いや、いつも否定から入るってわけじゃないんですけど。」

 と、「いや」から返されて平然としていました。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい