元カノの中絶、自己破産……夫の「過去」はどこまで許せる? (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元カノの中絶、自己破産……夫の「過去」はどこまで許せる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉田みくdot.
パートナーの過去はどこまで知るべき?写真はイメージ(写真/PIXTA)

パートナーの過去はどこまで知るべき?写真はイメージ(写真/PIXTA)

「4歳の息子の妊娠中に知って、ものすごくショックを受けました」

 専業主婦の田中直美さん(仮名・36歳)は、夫が元カノを中絶させていた過去があることを知り、今でも不信感が消えないという。

【写真】夫の“過去”を受け入れて幸せをつかんだ東大生タレントはこの人

 田中さんの夫と元カノのA子が交際していたのは15年前。夫が25歳の時だったという。A子は同じ職場の上司で、夫の独立を機に連絡は取らなくなったと聞いていた。

 しかし、それから10年以上たったある日、A子から夫に対して連絡が入った。田中さんはA子が夫の元カノだと知ってはいたが、仕事の話だというので、連絡を取ること自体は了承した。しかし、どうもやりとりが怪しい。明らかに仕事とは違う雰囲気を感じ取ったという。田中さんが、不信思って問い詰めると、

「夫は『ごめん! A子を中絶させたことがある』と、土下座して謝ってきました」

 A子が久しぶりに連絡してきた理由は、一緒に水子供養へ行ってほしいというものだった。夫いわく、当時、A子がキャリアアップのために中絶を選んだというが、それを額面通り信じているわけではない。夫が責任を取りたくなかった可能性も大いにあると考えている。

 最後に水子供養に行ったのは15年前だという。事情が事情なだけに最初は了承するつもりだったという田中さんだが、あるメールの一文を見て許可しなかったという。

「“その日は、私のことを昔のように○○ちゃんって呼んで”って書かれていました。この女性、水子供養がメインじゃないんだって思ったんです」

 ただ、心が晴れなかった田中さんは、この件を知った後に、夫と水子供養へ行った。そこで見た多くの水子地蔵の光景は、今でも忘れられないそうだ。

「婚前交渉を否定しているわけではありません。でもこんな重大な過去を隠して結婚するのはひどすぎます。水子供養をダシにして会おうとする女性にも腹が立ちますが、私は夫に対しても同じくらいの怒りを感じています」

 この件がきっかけで、夫を避けるようになってしまったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい