篠原涼子、前田敦子、GLAY・TERU… 芸能人の「コロナ別居」はセレブ生活? (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

篠原涼子、前田敦子、GLAY・TERU… 芸能人の「コロナ別居」はセレブ生活?

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口友香dot.
左から篠原涼子、前田敦子(C)朝日新聞社

左から篠原涼子、前田敦子(C)朝日新聞社

 夫婦で感染してしまった「爆笑問題」の田中裕二(55)と山口もえ(43)夫妻の例をみても、家庭内感染が増加している現状では別居は有効な感染防止の手段だろう。だが、「別居したくても金銭的な事情でなかなかできないケースは多い」(スポーツ紙記者)という。

「篠原や勝地の別宅の家賃は月数十万円といわれています。またTERUのように複数の物件を所有している芸能人もいるでしょうが、そういう富裕層はほんの一部です。感染防止のための別居ができるのは、金銭的に余裕がないとなかなか難しいと思います」

 芸能人にとってのコロナ別居は、感染防止のためのリスクマネジメントと同時に、セレブの証ともいえそうだ。(坂口友香)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい