辞任の安倍首相 ネット上には意外な声が殺到 つるの剛士のハッシュタグ運動再来か?  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辞任の安倍首相 ネット上には意外な声が殺到 つるの剛士のハッシュタグ運動再来か? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
会見に向かう安倍首相 (c)朝日新聞社

会見に向かう安倍首相 (c)朝日新聞社

つるの剛士のツイート

つるの剛士のツイート

 8月28日、記者会見を開いた安倍晋三首相は辞任の意向を表明した。持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいと、辞任の理由を自ら説明した。

「安倍首相辞任」の一報を受け、ネット上には様々な声が投稿されている。

【写真】「安倍総理にお疲れ様を」と促したつるの剛士のツイートはこちら

「国民を欺く総裁選だけは勘弁して欲しい」

「無理しても総裁選をした方がいい」

「石破さんは国民の人気は高いけど、次は石破さんで決まりかな」

 こうした後任に関する声が届くほか、「体調不良が事実だとしても、それを隠してでも任期を全うしようとするのが一国のトップのあるべき姿だと思う」、「ついに問題を解決することなく辞めるんですね、森友学園問題・加計問題・嫁の花見問題、何も解決していません」など、辞任の決断を批判する声もあった。そうしたなかで、ひときわ目立つのは、安倍首相に対する感謝の言葉と労わりの言葉たちだ。

「安倍総理は決して万能・ベストな総理大臣ではなかったかもしれない。だが政治家は一つのスキャンダルのみに注視して評価を決めるのではなく、色々な事象をプラスマイナス総合的に見て、社会が以前より良くなったか悪くなったかで見なければいけない。病気というやむを得ない理由で辞任し、後続に任せる決断を安倍総理はした。今はしっかりと休み、療養してほしい。安倍総理を批判する人もなぜか憎む人もいるだろうが、決して安倍総理との病気との戦いだけは邪魔しないでほしい」

「本当にお疲れ様でしたと言いたい。前代未聞の状況で良し悪しあるにしろ身を徹して任務されたこと。次誰がなるかわからないですが、各個人が、強い日本を目指して意識したいもので」

 過去には今年5月、タレント・つるの剛士(45)がツイッターで、「国民の皆さんで安倍首相にお疲れ様、ご苦労様を言いませんか?」と投稿。「震災の時、テレビに出てくる度お疲れ顔になっていた枝野さんに"お疲れ様です!寝てください!"と労った時のように。政治家の皆様も同じ人間。人です。未曾有で大変な時こそ、皆んなで励まし労い合いませんか?今頑張ってる全ての人に」と呼びかけ、「#安倍総理お疲れ様です」というハッシュタグが設けられ、その声に賛同した人々が安倍首相に対して感謝と労わりの声を次々に投稿した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい