再生数13億回のママYouTuber「木下優樹菜のYouTuber転身が困難な理由」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「木下優樹菜のYouTuber転身が困難な理由」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

 最近、木下優樹菜さんが芸能界を引退したことが話題になりました。なんらかのトラブルが原因とも言われていますが、真相はわかりません。

【写真】YouTuberに転身して大成功したアイドルはこの人

 今回は、もし木下優樹菜さんがYouTuberに転身した場合についてと、ママタレのYouTube運用についてお話しします。

 木下優樹菜さんはテレビでもSNSでも影響力の非常に強い方でした。インスタグラムのフォロワーが500万人を超え、芸能人の中でも、トップクラスのSNS女王と呼べる存在だったと思います。その知名度を生かして、YouTuberになる可能性はあると思います。おそらく世間の温度感を見てからの判断になるでしょう。

 芸能人や有名人がYouTubeに進出する際は、YouTubeに詳しいプロデューサーがつくことがあります。もし、YouTubeプロデューサーが彼女のプロデュースをする場合、苦労すると思います。世間からのイメージや好感度の問題、演者の年齢の問題とターゲットの問題があるからです。

 YouTubeは、ごまかしが効かないメディアの一つです。他のSNSの場合、フォロワーを水増しすることが可能ですし、事務所と結託してアカウントを操作している場合もあります。

 YouTubeも、登録者数や再生回数を不正に水増しする手段はありますが、全て長続きしません。精密なアルゴリズムが、不正な操作や不自然な数字を看過しないためです。再生回数や登録者数が正確な「人気の指数」として現れるメディアといえます。

 木下優樹菜さんがYouTubeを始める場合、彼女を支持する層を正確に知る必要があります。年齢も30歳を過ぎているので、男性向けのコンテンツよりは女性向けのコンテンツが主軸となります。さらに、ママタレというポジションをとるなら、女性やママや主婦からの支持が強い必要があります。

 木下優樹菜さんの事情を詳しくは知りませんが、お姉さんが働いていたお店での裁判も終わっていないので、まだ主婦層からの支持は回復しにくい状況かと思います。主婦は、一度下げた好感度を上げるのがかなり難しい属性です。もし木下さんがYouTubeに進出する場合、好感度の向上が非常に重要なポイントとなり、プロデューサーの手腕が問われる部分でもあります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい