40代の5割が「無自覚難聴」!ネット会議が苦手な人は要注意 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

40代の5割が「無自覚難聴」!ネット会議が苦手な人は要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ヘルス
【内耳のイメージ図】“有毛細胞の毛”が加齢に伴ってハゲて薄くなると、耳の聞き取り能力が落ちる(図はあくまでイメージで、実際の内耳の構造はもっと複雑です)

【内耳のイメージ図】“有毛細胞の毛”が加齢に伴ってハゲて薄くなると、耳の聞き取り能力が落ちる(図はあくまでイメージで、実際の内耳の構造はもっと複雑です)

聞き取りやすい話し方の基本は、「子音をハッキリと、大声ではなく、ゆっくりと話す」こと

聞き取りやすい話し方の基本は、「子音をハッキリと、大声ではなく、ゆっくりと話す」こと

坂本真一/工学博士・技術経営修士。1989年、工学院大学電気工学科卒業。1991年、工学院大学大学院修士課程修了(電気工学専攻)、リオン株式会社勤務。2004年4月~2007年3月、日本音響学会聴覚研究委員会委員。2006年、リオン株式会社退職、株式会社オトデザイナーズ代表取締役。2013年8月~2017年6月、日本音響学会・論文編集委員会委員。2015~18年、九州大学客員教授。2015年~、京都光華女子大学客員教授

坂本真一/工学博士・技術経営修士。1989年、工学院大学電気工学科卒業。1991年、工学院大学大学院修士課程修了(電気工学専攻)、リオン株式会社勤務。2004年4月~2007年3月、日本音響学会聴覚研究委員会委員。2006年、リオン株式会社退職、株式会社オトデザイナーズ代表取締役。2013年8月~2017年6月、日本音響学会・論文編集委員会委員。2015~18年、九州大学客員教授。2015年~、京都光華女子大学客員教授

 周波数分解能の低下は、加齢に伴って起きる「加齢性難聴」のひとつの症状ではありますが、病院や健診などで診断される「医学的な見地からの難聴」とは異なります。医学的な難聴は、主に「どれくらい小さな音が聞こえるか?」を測る聴力検査によって定義されるからです。

 つまり「無自覚難聴」は、病気や障がいではなく、誰もがなる自然な老化現象を指しているのです。

「加齢性難聴クイズ(https://youtu.be/vJaTNbnvqxU)」という動画で、周波数分解能が落ちた加齢性難聴の聞こえ方を体験できます。

 この動画の声は、70歳くらいの人の聴覚を模擬したものなので、40歳代でここまで聞こえにくくなっている人は少ないでしょう。ですが、内耳の能力(有毛細胞の毛の本数)のピークは20歳といわれており、そこから長い年月をかけて、少しずつ少しずつ衰えていきます。本人に自覚がなく、周囲の人も気が付かなくても、40歳を過ぎたあたりから、多くの人に仕事や日常生活で何らかの支障が出始めているのです。

 以前から、40~50歳くらいの人に、“聞こえ”に関する聞き取り調査を行ってきており、ほぼ全員が20歳のころに比べ、特に言葉の聞き取りに関する何らかの支障を仕事や日常生活で感じていました。

 この結果から、40歳以上の人の、低く見積もっても5割、実際には8割以上が周波数分解能低下による「無自覚難聴」と考えて差し支えないと思われます。

■ゆっくり、ハッキリ、大声を出さずに話す

「自分の言いたいことが相手に伝わらないな」と思ったら、相手が無自覚難聴なのかもしれません。

 人間は相手に言いたいことが伝わっていないと感じたら、無意識のうちに声が大きくなります。しかし、無自覚難聴の人に大声を出しても、話の内容は伝わりません。伝わるのは、「何か大声で怒鳴っているな」ということだけです。

 必要なのは、とにかく「ゆっくり」話すことです。

 ただし、言葉と言葉の間(ま)を長くしただけでは、ゆっくりとは言えません。言葉の一文字一文字を、少し極端なくらいにゆっくりと発音することです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい