コロナ禍で創建以来の閉堂も 寺社を困らせない祈祷もある

あなたの知らない神社仏閣の世界

2020/04/25 07:00

 世界的に蔓延してしまった新型コロナウイルス禍のせいで、ついには祇園祭の山鉾巡行までもが中止されるとの報を聞いて、この状態では仕方がないと思う半面、やはり落胆で胸が痛む。何しろ祇園祭というのは、全国に疫病が流行していたことから、貞観11(869)年に66本の鉾を立て悪疫退散を願い始められたものであるのだから。もちろん貞観時代は、富士山が爆発し、播磨地震や貞観地震(東日本大震災と近い三陸沖が震源地)も発生、国中が飢饉に見舞われていたので、悪疫だけでなく災いすべてに対する“祓い”を願ってのことであったのだろう。

あわせて読みたい

  • コロナ禍で人出減少 令和3年の初詣は本来の姿に戻った?
    筆者の顔写真

    鈴子

    コロナ禍で人出減少 令和3年の初詣は本来の姿に戻った?

    dot.

    1/16

    「牛頭天王」とは、なにものなのか?二十四節気「小暑」

    「牛頭天王」とは、なにものなのか?二十四節気「小暑」

    tenki.jp

    7/7

  • 京都より人気なのは? 祇園祭が全国各地で行われている理由
    筆者の顔写真

    鈴子

    京都より人気なのは? 祇園祭が全国各地で行われている理由

    dot.

    7/13

    「応仁の乱」や「禁門の変」も乗り越え 1000年以上続く祭りの魅力
    筆者の顔写真

    鈴子

    「応仁の乱」や「禁門の変」も乗り越え 1000年以上続く祭りの魅力

    dot.

    7/22

  • 震災被害に大きな差が… 被害の少なかった神社が祭る神さまとは?
    筆者の顔写真

    鈴子

    震災被害に大きな差が… 被害の少なかった神社が祭る神さまとは?

    dot.

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す