コロナ禍で創建以来の閉堂も 寺社を困らせない祈祷もある (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍で創建以来の閉堂も 寺社を困らせない祈祷もある

連載「あなたの知らない神社仏閣の世界」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴子dot.
祇園祭の山鉾巡行

祇園祭の山鉾巡行

 世界的に蔓延してしまった新型コロナウイルス禍のせいで、ついには祇園祭の山鉾巡行までもが中止されるとの報を聞いて、この状態では仕方がないと思う半面、やはり落胆で胸が痛む。何しろ祇園祭というのは、全国に疫病が流行していたことから、貞観11(869)年に66本の鉾を立て悪疫退散を願い始められたものであるのだから。もちろん貞観時代は、富士山が爆発し、播磨地震や貞観地震(東日本大震災と近い三陸沖が震源地)も発生、国中が飢饉に見舞われていたので、悪疫だけでなく災いすべてに対する“祓い”を願ってのことであったのだろう。

●疫病よけの神さまは日本全国に鎮座する

 祇園祭に代表されるように、日本には古来、各地に疫病退散を神仏に祈る風習が残されている。科学的な知識などがない時代に日本人は清流を保つために神仏に守護を願って祠を築き、村々へ入る街道に神仏を祭って疫病が流行るとその前の道を閉じたりもした。神仏の力を借りるためならばと反発するものも少なかったようだ。

 一方で、神は災いをもたらすものでもあり怒りを買えば害をもたらすものとも考えられていた。古事記や日本書紀には、崇神天皇の時代、大物主が天変地異や疫病の流行を起こしたため、三輪山へ祭り祈りをささげたところ疫病がおさまったとの記述が残っている。大物主とは大国主の別名ともされているため(詳しくはもっと複雑な説明があるが)、オオクニヌシを祭る神社は厄疫払いに御利益がある社といわれている。代表的な神社は出雲大社であるが、地主神社(京都)や神田明神、大国魂神社などにも祭られている。オオクニヌシは別名が多いので、実はかなりの社に鎮座している。

●スサノオが静まれば災いは無くなる?

 疫病払いの代表といえば、やはりなんと言っても(祇園祭を催行する)八坂神社の祭神・スサノオであろう。スサノオとは伊勢神宮の祭神・天照大御神の弟神であり、上記オオクニヌシの父神(あるいは先祖)にあたる神さまである。荒ぶる神としても知られ、しまいには姉・アマテラスを天岩戸へ篭らせてしまうほどに泣き暴れて困らせるのである。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい