意外すぎる名前も! ベストナインに「縁がなかった選手」でベストナイン組んでみた

2020/04/22 16:00

 プロ野球でそのシーズンの最も優れていたと思われる選手を選出するベストナイン。1リーグ時代の1940年から始まり、第一回のベストナインには川上哲治(巨人)、中島治康(巨人)、苅田久徳(翼軍)など伝説の名選手が受賞している。しかし数々の好成績を残しながら、ベストナインに縁のなかった名選手も少なくない。今回はそんなベストナインを受賞することのなかった選手の中からベストナインを選んでみた。また対象は既に引退した選手とし、所属はその選手の全盛期の球団としている。

あわせて読みたい

  • 衰え知らずの“中年の星”たち 「40代ベストナイン」を選んでみた【パ・リーグ編】

    衰え知らずの“中年の星”たち 「40代ベストナイン」を選んでみた【パ・リーグ編】

    dot.

    5/5

    衰え知らずの“中年の星”たち 「40代ベストナイン」を選んでみた【セ・リーグ編】

    衰え知らずの“中年の星”たち 「40代ベストナイン」を選んでみた【セ・リーグ編】

    dot.

    5/6

  • 目に見えない“貢献”も!  「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【パ・リーグ編】

    目に見えない“貢献”も! 「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【パ・リーグ編】

    dot.

    6/9

    目に見えない“貢献”も! 「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【セ・リーグ編】

    目に見えない“貢献”も! 「主力じゃないけど不可欠な選手」ベストナイン【セ・リーグ編】

    dot.

    6/10

  • 球界を代表するスターも誕生! 「育成出身ベストナイン」を選出してみた

    球界を代表するスターも誕生! 「育成出身ベストナイン」を選出してみた

    dot.

    5/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す