岡田有希子さん没後34年。“アイドルは生身の人間”だと示した特別な存在

2020/04/05 11:30

 今年も「佳桜忌」がやってくる。4月8日、34年前に亡くなったアイドル・岡田有希子の命日だ。彼女の本名(佐藤佳代)と、東京の桜が満開の時期だったことから、そう命名された。享年18。所属する事務所が入っていたビルの屋上から飛び降りるという、非業の死であり、“ユッコシンドローム”という言葉も生まれた。当時、社会問題化していた少年少女の自殺という現象を、その死がさらにエスカレートさせたからだ。

あわせて読みたい

  • 竹内まりやも「希有な存在」と評す 没後30年、岡田有希子とは何だったのか

    竹内まりやも「希有な存在」と評す 没後30年、岡田有希子とは何だったのか

    週刊朝日

    4/8

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    週刊朝日

    8/12

  • 岡田有希子、没後30年 南野陽子が「“ゴミ箱”が私だった」と思い出語る

    岡田有希子、没後30年 南野陽子が「“ゴミ箱”が私だった」と思い出語る

    週刊朝日

    4/8

    国生さゆり「バレンタイン・キッス」が34年の大定番になったのには理由がある

    国生さゆり「バレンタイン・キッス」が34年の大定番になったのには理由がある

    dot.

    2/14

  • 第4回 もしも「なんてったってアイドル」を松田聖子が歌っていたら

    第4回 もしも「なんてったってアイドル」を松田聖子が歌っていたら

    1/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す