まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

鉄道

2020/03/28 08:00

 東京と成田を結ぶ京成電鉄は、創立から今年で111年目を迎える。開業当初の東京側のターミナル駅は、現在の上野ではなく押上(おしあげ)で、押上~青砥(あおと)間の京成押上線は京成でも古い路線のひとつである。現在は都心と成田空港とのアクセスを担う重要路線である押上線だが、その変遷はまさに波瀾万丈。『鉄道まるわかり009 京成電鉄のすべて』(天夢人)を参考に、108年の歴史を紐解いていく。

あわせて読みたい

  • 特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    特急より速いのが超特急は昭和時代の話! 特急よりも上の私鉄の看板列車たち

    dot.

    8/4

    鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    鉄道他社の乗り入れ列車 便利になる一方でデメリットも? 

    dot.

    9/7

  • 「しまかぜ」が195.2キロで第1位 100キロ以上走る私鉄の長距離特急ランキング

    「しまかぜ」が195.2キロで第1位 100キロ以上走る私鉄の長距離特急ランキング

    dot.

    1/25

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    大晦日の終夜運転…押さえておきたい運行情報【首都圏版】

    dot.

    12/31

  •  路線延伸で電車内の忘れ物は線路に乗ってどこまでも~車内で忘れ物をしたら即やるべきこと

    路線延伸で電車内の忘れ物は線路に乗ってどこまでも~車内で忘れ物をしたら即やるべきこと

    dot.

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す