槇原敬之容疑者逮捕の衝撃は「依存症」への恐怖 専門家に聞いた本当の恐ろしさとは (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

槇原敬之容疑者逮捕の衝撃は「依存症」への恐怖 専門家に聞いた本当の恐ろしさとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
中山秀紀dot.#朝日新聞出版の本#読書
槇原敬之容疑者 (c)朝日新聞社

槇原敬之容疑者 (c)朝日新聞社

中山秀紀(なかやま・ひでき)/1973年、北海道生まれ。医学博士。独立行政法人国立病院機構「久里浜医療センター」精神科医長。専門領域は、臨床精神医学、アルコール依存症。2000年、岩手医科大学医学部卒業。04年、同大学院卒業。岩手医科大学神経精神科助教、盛岡市立病院精神科医長を経て、10年より久里浜医療センター勤務。同年、「第45回日本アルコール・アディクション医学会優秀演題賞」受賞。19年、「第115回日本精神神経学会学術総会優秀発表賞」受賞。11年よりネット依存治療研究部門に携わる

中山秀紀(なかやま・ひでき)/1973年、北海道生まれ。医学博士。独立行政法人国立病院機構「久里浜医療センター」精神科医長。専門領域は、臨床精神医学、アルコール依存症。2000年、岩手医科大学医学部卒業。04年、同大学院卒業。岩手医科大学神経精神科助教、盛岡市立病院精神科医長を経て、10年より久里浜医療センター勤務。同年、「第45回日本アルコール・アディクション医学会優秀演題賞」受賞。19年、「第115回日本精神神経学会学術総会優秀発表賞」受賞。11年よりネット依存治療研究部門に携わる

 こうした関係は、猛獣使いと猛獣に喩えるとよりわかりやすいかもしれません。人々にとって、依存物という猛獣を飼いならすのは憧れであり、かっこいいかもしれません。しかし依存物は猛獣よりもしたたかです。猛獣に食べられれば痛いのですぐ気づきますが、依存物は「快楽」をもたらすので食べられてもすぐには気づきません。つまり、飼いならせずに食われていることに気づくことができないのが、依存物なのです。依存物に食われてしまう人は後を絶ちません。

 ところで、ほとんどの依存物は「石コロ」と同じで、動物や虫のようにあちらから襲いかかってくることはありません。たとえばアルコール、違法薬物、ゲームすべて、それ自体が能動的に動くことはありません。動かない液体、白い粉、小さな機械にすぎません。人が勝手に依存物を製造し、それを使い始めて、使いすぎて、依存症になって止められなくなって自滅しているだけです。要は、動かない依存物の上で人間が勝手に踊っているだけなのです。

 しかし、人はその状態すなわち依存症を、長い歴史のなかでも克服できずにいます。

 たとえば、2016年現在アルコールが原因で亡くなっている人は、世界中で三百万人と推計されています。トラやクマに殺される人よりも、動かないただの液体(アルコール)や白い粉(覚せい剤)に殺されている人のほうが圧倒的に多いのです。

 依存物の使いすぎは、最終的に依存症になることによってその人を不幸にします。依存物の使いすぎには基準がありません。そして負の強化による不快が増していくので、そのつきあいはどんなに気をつけていても難しいものです。

「自制して使いなさい」といって簡単にできるような、ヤワなものではありません。大人もそうですが、特に未来のある子どもや青少年をスマホ依存症(ゲーム障害)にしてしまうことは、絶対に防ぎたいものです。いうなれば社会が依存症を生んでいるのも事実なので、社会全体でその回復を応援しなくてはなりません。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい