戦国武将の「家紋戦略」を解き明かす!  豊臣秀吉/毛利元就編

短期連載「家紋と名字の日本史」(3)

2020/02/12 08:00

 週刊朝日ムック『歴史道Vol.8』では、家紋と名字を大特集。戦国武将にとって、家紋は、家としてのプライドや格を示す最大のシンボルの一つだった。先祖や自分が、天皇や将軍、主君から認められ、褒賞を受けた証しであり、理念を象徴させたり、呪力を込めたりすることもできた。家紋には武将の性格が表れている。特集では、豊臣秀吉、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、毛利元就、石田三成、今川義元、北条氏康、島津義久、真田幸村の10人を取り上げたが、ここでは豊臣秀吉と毛利元就について触れてみよう。

あわせて読みたい

  • その名は秀康…家康と秀吉を“父”に持つ「不遇な名将」が残した鎧兜

    その名は秀康…家康と秀吉を“父”に持つ「不遇な名将」が残した鎧兜

    dot.

    6/11

    平安時代の政界はみんな「藤原」さん? 知れば知るほど面白い家紋と名字のルーツ

    平安時代の政界はみんな「藤原」さん? 知れば知るほど面白い家紋と名字のルーツ

    dot.

    2/1

  • 「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    「信長暗殺」の黒幕説検証 徳川家康がかつて妻子を殺された恨みをはらすために光秀を走らせた?

    dot.

    12/26

    “豊臣秀吉が、織田信長より優れていた点とは?”歴史に学ぶ「戦わずして勝つ」法

    “豊臣秀吉が、織田信長より優れていた点とは?”歴史に学ぶ「戦わずして勝つ」法

    ダイヤモンド・オンライン

    3/23

  • 評価一転“忠義の漢” 石田三成が支持されるワケ

    評価一転“忠義の漢” 石田三成が支持されるワケ

    dot.

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す