戦国武将の「家紋戦略」を解き明かす!  豊臣秀吉/毛利元就編 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

戦国武将の「家紋戦略」を解き明かす!  豊臣秀吉/毛利元就編

短期連載「家紋と名字の日本史」(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡邊大門dot.
豊臣秀吉/信長に家臣として登用され、信長の死後は徳川家康らライバルを押さえて後継者になった。後に、五摂家(ごせっけ)以外で初めて関白となる。東京大学史料編纂所所蔵模写

豊臣秀吉/信長に家臣として登用され、信長の死後は徳川家康らライバルを押さえて後継者になった。後に、五摂家(ごせっけ)以外で初めて関白となる。東京大学史料編纂所所蔵模写

太閤桐(たいこうきり)/秀吉が桐紋をもとに新たに作成した家紋で、他にも変化形がある

太閤桐(たいこうきり)/秀吉が桐紋をもとに新たに作成した家紋で、他にも変化形がある

醍醐三宝院唐門(だいごさんぼういんからもん)/秀吉は、慶長3年(1598)、醍醐寺(京都市伏見区)で、諸大名を集めて一世一代の花見を催した。そして、貢献した当時の醍醐寺座主(ざす)・義演(ぎえん)を援助し、醍醐寺の伽藍(がらん)を再建した。慶長4年完成の三宝院唐門もその一つで、「菊」と「五七桐」の家紋が透かし彫りされ、金箔が施ほどこされた。国宝

醍醐三宝院唐門(だいごさんぼういんからもん)/秀吉は、慶長3年(1598)、醍醐寺(京都市伏見区)で、諸大名を集めて一世一代の花見を催した。そして、貢献した当時の醍醐寺座主(ざす)・義演(ぎえん)を援助し、醍醐寺の伽藍(がらん)を再建した。慶長4年完成の三宝院唐門もその一つで、「菊」と「五七桐」の家紋が透かし彫りされ、金箔が施ほどこされた。国宝

毛利元就/謀将として恐れられ、わずか一代で中国地方の大半を領有するまでになった。子孫には天下を望まぬよう言い残すなど、慎重な姿勢を示す一方、四国、九州にまでたびたび侵攻していた/東京大学史料編纂所所蔵模写

毛利元就/謀将として恐れられ、わずか一代で中国地方の大半を領有するまでになった。子孫には天下を望まぬよう言い残すなど、慎重な姿勢を示す一方、四国、九州にまでたびたび侵攻していた/東京大学史料編纂所所蔵模写

長門(ながと)三つ星/三本の矢の有名なエピソードにちなんでいるといわれるが、それは誤りである

長門(ながと)三つ星/三本の矢の有名なエピソードにちなんでいるといわれるが、それは誤りである

 週刊朝日ムック『歴史道Vol.8』では、家紋と名字を大特集。戦国武将にとって、家紋は、家としてのプライドや格を示す最大のシンボルの一つだった。先祖や自分が、天皇や将軍、主君から認められ、褒賞を受けた証しであり、理念を象徴させたり、呪力を込めたりすることもできた。家紋には武将の性格が表れている。特集では、豊臣秀吉、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、毛利元就、石田三成、今川義元、北条氏康、島津義久、真田幸村の10人を取り上げたが、ここでは豊臣秀吉と毛利元就について触れてみよう。

【エピソードが史実ではない?その家紋はこちら】

* * *
豊臣秀吉

■最初の家紋は、妻の実家の家紋「沢瀉」から取られた

 豊臣秀吉は武士の家系ではなく、その出自は農民に過ぎなかった。したがって、ほかの武将と違って、家紋との関わり方が、極めて特異である。

 秀吉は、仕官した織田信長にその才能を見出され、家臣として重用された。信長の死後は天下人に名乗りを上げ、関白にまで上り詰める。その間、朝廷とも友好的な関係を構築した。秀吉の家紋についても、さまざまなものが知られている。以下、確認することにしよう。
 
 そもそも秀吉は武士身分ではなかったので、家紋を使っていなかった。秀吉の最初の家紋だったと考えられるのは、「沢瀉(おもだか)」である。これは、まだ秀吉が木下藤吉郎と名乗っていた時代に使われていたと推測される。

「沢瀉」とは、水草の一種である。「沢瀉の鎧(よろい)」という言葉があるほどで、「勝ち草」「勝軍草」などとも称される。その葉の形が矢じりに酷似していたので、多くの武将に好まれた。非常に縁起が良かったのである。代表例としては、梁田(やなだ)氏の「三つ立ち沢瀉」が『見聞諸家紋』(武家の家紋集)に取り上げられている。
 
 秀吉が「沢瀉」を使ったのには、いくつかの理由が考えられる。秀吉の妻・おねの実家の杉原家の家紋は、「立ち沢瀉」だった。その影響は、大きかったと考えられる。武士としての第一歩を踏み出した秀吉は、とりあえず妻の実家の家紋を用いたのだろう。
 
 その後、秀吉は「沢瀉」の家紋を、養子に迎えた秀次、子飼いの武将の福島正則らに与えた。秀吉は自らの家紋を与えることによって、配下の武将を統制しようと考えたのだろう。この方針は、以後も堅持された。秀吉は信長のもとで大いに軍功を挙げ、やがて木下姓から羽柴(はしば)姓を名乗るようになった。
 
 出世街道を驀進する秀吉は、信長から「五三桐(ごさんのきり)」の家紋を与えられている。五三とは、「五三桐」の家紋の上部の花の数が左から三、五、三に並んでいるからである。桐紋は菊紋と並んで、朝廷が使用する高貴な家紋である。普通ならば、秀吉のような者が使えるものではなかった。信長はどのような経緯によって、「五三桐」の家紋を許されたのだろうか。
 
 かつて信長は、室町幕府の十五代将軍・足利義昭を推戴して京都に入り、幕府の再興を手助けした。その際、義昭は恩賞として、信長に「五三桐」の家紋を与えたといわれている。そもそも「五三桐」の家紋は、後醍醐(ごだいご)天皇が鎌倉幕府を打倒した恩賞として、一連の戦いに貢献した足利尊氏に与えたものだった。
 


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい