加藤紗里が“1億円貢がせ離婚“を語る「最低月1千万円は紗里のために使えないと」 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

加藤紗里が“1億円貢がせ離婚“を語る「最低月1千万円は紗里のために使えないと」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
前夫から束縛を受けていたことを告白した加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

前夫から束縛を受けていたことを告白した加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

インタビューに応じた加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

インタビューに応じた加藤紗里(撮影/岡田晃奈)

前夫との関係についても語った(撮影/岡田晃奈)

前夫との関係についても語った(撮影/岡田晃奈)

――離婚の理由はあくまでも「お金」ですか?

いつも話しているように、お金のない男に興味はありません。自分がほれた女にお金をいくら使えるかで男の愛情は確かめられます、最低でも月1千万円は紗里のために使える殿方でないと相手になりません。もうすでにそうした殿方は複数います。幸せな毎日を過ごしていますよ。

――紗里さんと前夫を知る関係者から「離婚の理由は前夫から過度な束縛を受けていたから」という話を聞きました。そうした事実はありましたか?

結婚後、毎日スマホをチェックされ、「女性と会うのも不貞行為だ」と言われて男友達はもちろん、女友達のラインもブロックされました。

――紗里さんが前夫と出会うきっかけをつくった女性からは「夫からの束縛がひどくて、泣きながら電話がかかってきた」という話も聞きました

そんなこともありましたね。これ以上はお話しできません。

――では最後に、もう一度離婚の理由を教えてください。

お金しかないでしょ。紗里を満足させるだけのお金がなくなったから離婚しました。以上です。

 11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した加藤は、番組内で再び「離婚理由はお金」と説明し、「200万円なんて一回のご飯で終わる」、「お金=愛」などと、いつもと変わらない炎上キャラを演じていた。そんな加藤に対してコメンテーターのテリー伊藤は「自分を悪くみせる術をもっている。それはすごい才能」、「今回の件にも本当は裏がある。だけどそういうのは一切みせない」と話した。

(AERA dot.編集部)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい