「ムカつく子ども」に寺田心くんを起用したスポンサーの「してやったり」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ムカつく子ども」に寺田心くんを起用したスポンサーの「してやったり」

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.
可愛いけどザワつく、寺田心くん (C)朝日新聞社

可愛いけどザワつく、寺田心くん (C)朝日新聞社

 年末から年始にかけて、やたらと見かけたテレビCMのなかに、子役タレント・寺田心のものが何本もある。ブックオフの「心くんの指導~タピオカ~」編「同~大盤振る舞い~」編などの数本と、ドコモの「栄光のスマホ道」編だ。

【写真】ぽっちゃり子役の「細山くん」が、外資系金融のエリートサラリーマンになっていた!

 ブックオフのほうでは、気弱そうな女性店員に向かって「あえてチャラくしてみよっか」と持ちかけ、

「ブックオフのウルトラセール ちょーヤバイんですけどぉー 本が全品20パーオフって 浮いた分でタピオカ飲めんじゃーん」

 と、実演してみせたりしていた。一方、ドコモのほうは、

「どうしてスマホに変えなかったんだ! スマホはいろいろ調べられるし 家族とすぐにやりとりができる スマホの輪にも入っていける スマホはとっても楽しいんだ! 機種代金も割引中!!」

 と、アジる内容だ。どちらも同じテイストなので、ツイッターなどでの反応も似ており、頻発されるのは「面白い」「ムカつく」といったワード。CM名が書かれていないと、どちらの感想なのか、わからないくらいである。

 それは取りも直さず、彼を起用したCMのスタイルがひとつ完璧に確立している証拠だ。そして「面白い」はもとより「ムカつく」という声でも、スポンサーとしてはしてやったりだろう。

 なかには、CMがむかつくのでテレビを消して、本やDVDを探しに近所のブックオフに行ったら、そこでも店内放送でCMが流れていた、と怒っている人もいた。宣伝効果は絶大で、無意識部分にまで刷り込まれているのかもしれない。

■中身としゃべり方のギャップ

 そんな「心くんCM」のツボが、あの独特のしゃべり方にあるのはいうまでもない。子供でもなかなかいないような、舌足らずな甘えた口調は、小学校低学年時にTOTOのウォシュレット一体型便器・ネオレストのCMで演じたリトルベン(菌の親子の子供のほう)役などで大いに活かされた。その口調は小5(11歳)になった今もそれほど大人びておらず、子役としての大きな武器だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい