女性医師は休みをとりづらい? 医療現場の働き方改革に必要な三つのこと

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

ヘルス

2020/01/03 07:00

「働き方改革」は、休みがとりづらいと言われる医療現場でも求められています。女性医師がキャリアを継続しづらい環境を変えるには、どうしたらいいのでしょうか? 診療科の中で、女性の割合が多いことで知られるのは皮膚科。好評発売中の『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の皮膚科医・大塚篤司医師が、女性医師が働きやすくなるような医療現場について語ります。

あわせて読みたい

  • 「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    「あなたは子どもをつくりますか?」 不適切入試が相次ぐ医学部の面接でトンデモ質問が飛び交う理由

    dot.

    12/8

    フェアなはずの入試が「大学病院で働く医師確保」試験に!? 女性医師が苦言
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    フェアなはずの入試が「大学病院で働く医師確保」試験に!? 女性医師が苦言

    dot.

    9/26

  • 若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    若い世代のがん患者にどう最後まで寄り添う? 2人の医師が吐露した苦悩

    dot.

    2/25

    女性医師の3人に1人が独身! 既婚者の半数近くは相手が◯◯だった

    女性医師の3人に1人が独身! 既婚者の半数近くは相手が◯◯だった

    dot.

    2/2

  • 女性医師が出産・子育てで離職 医師不足対策のカギは女医「革命家」
    筆者の顔写真

    上昌広

    女性医師が出産・子育てで離職 医師不足対策のカギは女医「革命家」

    dot.

    10/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す