東大生が今入りたい企業と官庁は? 就職者数上位ランキング最新版 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東大生が今入りたい企業と官庁は? 就職者数上位ランキング最新版

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京大学新聞社dot.
東大の学部卒業者の就職先(東京大学新聞社)

東大の学部卒業者の就職先(東京大学新聞社)

東大の大学院修了者の就職先(東京大学新聞社)

東大の大学院修了者の就職先(東京大学新聞社)

 東京大学新聞社は各学部・研究科への問い合わせを基に2018年度卒業・修了者の就職状況を集計した。学部卒業者では三井住友銀行が、大学院修了者では日立製作所がトップ。中央省庁への就職は、学部卒業者では国土交通省が、大学院修了者では農林水産省が最多だった。

【図表】東大の大学院修了者の就職先

 学部卒業者の就職先企業では、三井住友銀行が22人で最多だった。続いて2位に外資系コンサルティング企業アクセンチュア、3位に三菱UFJ銀行がランクイン。前年度同様の顔触れの中、前年度13位の東京海上日動火災が同率3位に食い込んだ。

 三井住友銀行は17人→22人と前年度より人数が増えたものの、三菱UFJ銀行は21人→14人と前年度の3分の2に。16年度に24人で2位だったみずほフィナンシャルグループに至っては、前年度の16人よりもさらに減少し8人。前年度のような三大銀行そろってのトップ10入りはならなかった。三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、三井物産の大手商社は18年度も上位にランクインしたもののいずれも就職者数の増加はみられなかった。

 銀行・商社などが例年同様の顔触れの中、注目すべきがコンサルティング企業。前年度から入れ替わりが激しいのが特徴だ。前年度躍進を見せたアクセンチュアは18年度も健在だが、マッキンゼー・アンド・カンパニーとシンプレクスはトップ20から姿を消し、代わりにデロイト トーマツ コンサルティングとアビームコンサルティングがトップ20にランクインした。

 大学院修了者では、日立製作所が41人で3年ぶりの1位に輝いた。日立製作所は過去3年間で40人→34人→26人と人数が減少していたが、18年度は揺り戻しが見られた。対して前年度に1位に躍り出たアクセンチュアは7位に転落した。

 トップ10の企業は前年度と比較して大きな入れ替わりはみられなかったが、前年度6位だった日産自動車がトップ20から姿を消し、前年度トップ20圏外のディー・エヌ・エーが18人で9位にランクインした。11位から20位までは入れ替わりが激しかった。みずほフィナンシャルグループや野村證券が姿を消した一方、パナソニックとJFEスチールは2年ぶりのトップ20入りを果たした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい