天龍源一郎が語る“片付け術” 「断捨離で新たな人生に踏み切れ!」免許返納に迷いも… (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“片付け術” 「断捨離で新たな人生に踏み切れ!」免許返納に迷いも…

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

女房の掃除はアバウトだからね。彼女は俺の力士時代の付け人から、「『あそこの埃を拭いてくれ』とか、昔からちょっと変わった関取でした」って言われたらしいよ。そういえば最近、鼻毛が伸びるのが早い気がするな(笑)。(撮影/写真部・片山菜緒子)

女房の掃除はアバウトだからね。彼女は俺の力士時代の付け人から、「『あそこの埃を拭いてくれ』とか、昔からちょっと変わった関取でした」って言われたらしいよ。そういえば最近、鼻毛が伸びるのが早い気がするな(笑)。(撮影/写真部・片山菜緒子)

 50年に及ぶ格闘人生を終え、ようやく手にした「何もしない毎日」に喜んでいたのも束の間、突然患った大病を乗り越えて、カムバックを果たした天龍源一郎さん。来年に迎える70歳という節目の年に向けて、いま天龍さんが伝えたいこととは? 今回は「片付け術」をテーマに、飄々と明るく、つれづれに語ります。

【天龍さん、奥さんに「よく私と一緒になれたわね」って言われるんですか?】

*    *  *
 最近は外出の機会も増えたね。女房や娘に付いて、以前は敬遠していたショッピングモールにも行くようになった。意外だろう? でも、特別ほしいものがあるわけじゃなくて、元来、俺は人間観察をするのが好きだから。二人には、「そんなに他人のことを気にしないでよ」って注意されるけれど、街で身体が大きい人を見かけると、「こんなに大きな身体なんだから、スポーツの道に進めば、もっと違う人生があったのに」って思うしね。何がきっかけで今の人生を送っているのかな、なんていうふうに想像を巡らせてる。

 もう、職業病だよ。ちょっとガタイがいい人がいれば、「ああいう背中の筋肉は、あのトレーニングの成果だな」とか勝手に評価して。娘には口ぐせのように、「あそこの奴より俺のほうがいい身体だよな?」って聞くから煙たがられてる。「明らかに背が高い人と並ぶだけで機嫌が悪くなる」って(笑)。まあ、ショッピングモールのベンチに長時間腰掛けてるガタイのいいおじさんがいたら、俺だと思ってくれよ(笑)。

 さあ、本題に入ろうか。前回に続いて、“高齢者が穏やかに過ごすための”片付け術か。要するに終活の話だな。俺はね、「終活」というものはすごく大事なことだと思う。だって、「これからの人生に向かって、踏み切る」ということだから。身の回りを整理整頓するという作業は、よく言うように、新たな意欲を自分に植え付けることにもつながるし。思い切って断捨離してリバイバルできるのなら、ぜひやってみるべきだ。自分の人生を省みながらね。まだまだ希望が持てるはずだよ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい