年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況

ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)

ヘルス

2019/12/04 07:00

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「避妊薬を取り巻く課題」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

あわせて読みたい

  • 緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    緊急避妊薬 日本は1万円でミャンマーは100円 なぜ高価で手に入りにくいのか?

    dot.

    10/21

    望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    望まない妊娠と緊急避妊薬 海外で「知らせないのは罪」とまで言われる理由とは?

    dot.

    6/20

  • 「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    「ピルを机の上に置かないで」 日本が低用量ピル後進国である3つの理由

    dot.

    7/18

    医師として女性として「緊急避妊薬」について考えること
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    医師として女性として「緊急避妊薬」について考えること

    dot.

    10/10

  • 10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響

    dot.

    7/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す