瀬戸内寂聴さんが「遺言」を発表 「愛することは許すこと」

2019/11/14 20:18

 朝日新書11月新刊『寂聴 九十七歳の遺言』の出版を記念して、11月14日、著者・瀬戸内寂聴さんの自坊、京都・嵯峨野の「寂庵」で記者会見が行われた。この日は、寂聴さんが1973年、51歳のときに出家して、46回目の得度記念日。「これも仏さまのご縁でしょう。有り難いことです」と寂聴さん。紅葉が美しく色づいた寂庵に、テレビ、新聞、雑誌十数社の記者らが集まった。以下、主な内容を速報する。

あわせて読みたい

  • 瀬戸内寂聴さんが「不倫でもいい」から恋愛すべきと断言する理由

    瀬戸内寂聴さんが「不倫でもいい」から恋愛すべきと断言する理由

    dot.

    1/7

    瀬戸内寂聴さんが驚いた美智子さまの「恋バナ」 皇室に嫁がれた本当の理由

    瀬戸内寂聴さんが驚いた美智子さまの「恋バナ」 皇室に嫁がれた本当の理由

    dot.

    12/12

  • 作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    作家・井上荒野「寂聴さんは本当に本当に、父のことが好きだったのだなあ」

    週刊朝日

    11/19

    97歳の瀬戸内寂聴に「遺書を早く書いて」と迫る人たち

    97歳の瀬戸内寂聴に「遺書を早く書いて」と迫る人たち

    週刊朝日

    9/9

  • 瀬戸内寂聴が退院「普通の生活が嬉しい。百三歳まで生きる気がする」

    瀬戸内寂聴が退院「普通の生活が嬉しい。百三歳まで生きる気がする」

    週刊朝日

    6/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す