天龍源一郎が語る“交渉術” プロポーズで男が絶対に明確にしておくべきこととは? (2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天龍源一郎が語る“交渉術” プロポーズで男が絶対に明確にしておくべきこととは?

連載「70歳からのはっけよい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

天龍源一郎(てんりゅう・げんいちろう)/1950年、福井県生まれ。「ミスター・プロレス」の異名をとる。63年、13歳で大相撲の二所ノ関部屋入門後、天龍の四股名で16場所在位。76年10月にプロレスに転向、全日本プロレスに入団。90年に新団体SWSに移籍、92年にはWARを旗揚げ。2010年に「天龍プロジェクト」を発足。2015年11月15日、両国国技館での引退試合をもってマット生活に幕を下ろす(撮影/写真部・片山菜緒子)

「自分をさらけ出せなかった男が、失恋に酔い続けていつまでも独身でいる(笑)。恋愛って、相手と真っ白な気持ちで向き合うのが一番だよ」

「自分をさらけ出せなかった男が、失恋に酔い続けていつまでも独身でいる(笑)。恋愛って、相手と真っ白な気持ちで向き合うのが一番だよ」

 特にこの業界は、「いいよ、いいよ」で進んじゃうから。それで後になって、「ちくしょう、ダマしたな!」ってなる(笑)。自分のお金を管理できているレスラーなんて、全体の三分の一もいないかもしれない。そういう点で俺よりも交渉下手として頭に浮かぶのは、谷津嘉章やジャンボかな。ただね、俺は全日本プロレスを飛び出してから数々の会社に所属したし、行く先々で交渉の機会があったから、とても交渉事の多い人生を歩んできたことになる。だから、谷津の場合は単に経験値や、チャンスが少なかったというイメージなんだよね。

 俺にとっても他のレスラーにとっても、人生の転機になるほどの大きな交渉といえば、やっぱりSWS移籍のときのメガネスーパーとの話になるのかな。あのときは、ほぼ全員が倍額のギャランティを提示されて、「行きます!」って即答しちゃったから。でも、女房は、「プロなんだから、ヘッドハンティングの評価はお金でしか計れない。価値を認めてもらって初めてプロじゃない」って、その後もさらに条件を詰めてくれた。振り返ると、その違いは大きいよね。

 ただね、馬場さんに、「移りたい」と交渉して引き留められたときのことについては、今でもちょっと失敗したなと後悔している。俺は新しいプロレス団体でエースになれるということに夢を抱いたわけだけど、「ほしいときはいらない、いらないときはほしいと言え」。やっぱり義父の言葉が頭の片隅にあったんだね。

 ついでにその後の、WWF(※編集部注:現WWE)との交渉の話もしようか。あのときの俺は、ニューヨークを本拠にする一大勢力のWWFと業務提携して、SWSが向こうの選手の国内唯一の受け入れ先になることで、親会社のメガネスーパーに箔を付けるということだけを考えていた。それでビンス・マクマホンたち幹部を前にして、最初から、「100万ドルを出す用意はしている」って直談判をしたんだよ。もちろん、日本にいる関係者からは、「アメリカのトップ団体じゃなくても、日本に余っている選手を集めればいいじゃない」って批判を受けていたけれど。でもさ、それじゃあアントニオ猪木や長州力の新日本と、ジャンボ鶴田や三沢光晴の全日本には勝てない。だから、俺が勝手に話を済ませたところもあったんだよね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい