「走る哲学者」為末大さんが息子に英才教育をしない理由「子どもの“余白”を奪ってはいけない」

2019/10/27 15:00

 世界陸上選手権2大会で銅メダルを獲得し、シドニー、アテネ、北京と3大会連続でオリンピックに出場した400メートルハードル日本記録保持者の為末大さん。「走る哲学者」と呼ばれ、これまで陸上競技のみならずビジネス向けの本も出版してきたが、10月に子ども向けの本をはじめて刊行した。タイトルは『生き抜くチカラ ボクがキミに伝えたい50のことば』。その内容は「『努力』は『夢中』に勝てない」といったアスリートならではの言葉だけではなく、「生き抜くためには、逃げてもいい」といった少しネガティブなものも入っている。なぜ、この本をつくろうと思ったのか。その深い理由を聞いた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す