巨人が“下剋上の阻止”に必要なのは… CSの「カギ」となり得る意外な選手とは?

2019/10/05 13:00

――一方の打線のキーマンは誰になりますか?

八重樫:巨人は坂本(勇人)、DeNAは筒香(嘉智)ですね。阪神は難しいけど福留(孝介)かな。中心選手が打つのと抑えられるのでは全然違いますよ。バッターも短期間で調子を上げるのは難しいですからね。
 あとは意外とポイントになるのは外国人選手ですね。シーズン終盤とか短期決戦とか切羽詰まった時に活躍する外国人選手は結構多いんですよ。そういう意味ではDeNAは面白いかもしれないよね。筒香にマークが集中して、ソトやロペスが打つことも十分に考えられる。盗塁とか積極的に次の塁を狙う走塁とか、そういう足の使える選手が少ないから、相手投手の調子が良くて打てないと厳しいけど、どこもピッチャーが良くないので、打ち合いになったら勝ち上がるかもしれませんね

――パ・リーグは昨年はソフトバンクが2位から勝ち上がりましたが、今年はどうでしょう?

八重樫:ソフトバンクもピッチャーですね。千賀(滉大)はいいけど二人目がいない。ここで和田(毅)が戻ってくるようだと強いと思いますけどね。あと打つ方は全体的に落ちていると思うけど、外国人の二人がどれだけできるかですね

――西武は昨年から投手陣はあまり改善しないままですがいかがですか?

八重樫:去年のCSは抑えられて負けたけど、ソフトバンクのピッチャーが昨年よりも良くないからその分チャンスは大きいと思いますね。どこからでも点が取れるじゃないですか。打ち合いになったら強いと思います

――ペナントレースでは上位2チームに大きく離された楽天にチャンスはありますか?

八重樫:則本(昂大)と岸(孝之)が良くなかったけどちょっと戻ってきましたよね。この二人がしっかりするようだと面白いと思いますけど、打線はもうひとつかな。西武の打線やソフトバンクの選手層に比べるとちょっと厳しいと思いますね

――全体的に総括すると投手は二人先発がしっかり揃うか、野手は中心選手が機能するかというところが重要になりそうですね。

八重樫:まあそうですよね。先発は二人いると短期決戦ではローテーションが凄く組みやすいんですよ。もう最後なんで多少登板間隔が短くても無理がききますからね。これが一人となると3つ、4つ勝つのはかなり難しくなる。でもどこもピッチャーは厳しいから、案外どこも打ち合いの試合が多くなって面白いかもしれませんね

NEXT

古巣ヤクルトの高津新監督について

1 2 3

あわせて読みたい

  • ヤクルト奥川恭伸、プロで成功するカギは石井一久の“受け流し力”?

    ヤクルト奥川恭伸、プロで成功するカギは石井一久の“受け流し力”?

    dot.

    11/23

    “消化試合”で浮かび上がる「クビになる選手」と「生き残る選手」の大きな違い

    “消化試合”で浮かび上がる「クビになる選手」と「生き残る選手」の大きな違い

    dot.

    9/10

  • ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    ヤクルト一筋47年、八重樫幸雄が明かす「野村再生工場のベテラン活用術」

    dot.

    5/6

    「ずっと使って」 なぜ八重樫幸雄はヤクルト村上の起用にこだわるのか

    「ずっと使って」 なぜ八重樫幸雄はヤクルト村上の起用にこだわるのか

    dot.

    8/2

  • ヤクルト小川監督、宮本コーチの強み 青木にあって山田にないものは?【八重樫幸雄】

    ヤクルト小川監督、宮本コーチの強み 青木にあって山田にないものは?【八重樫幸雄】

    dot.

    5/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す