「医療マンガ大賞」創設 医者と患者の“視点の違い”をマンガで表現する狙いは?

病気

2019/10/04 16:24

 医者と患者のエピソードをマンガにしようという取り組みを横浜市が始めている。医療に関する広報の新たなコンセプト「医療の視点」を掲げ、そのプロジェクトのひとつとして「医療マンガ大賞」を創設した。9月30日には、それを記念したトークセッションが、横浜・BankART Stationで行われた。セッションには佐渡島庸平((株)コルク代表取締役会長/編集者)、こしのりょう(マンガ家)、井上祥((株)メディカルノート代表取締役・共同創業者/医師)、そして『心にしみる皮膚の話』を出版した大塚篤司(SNS医療のカタチ/医師)の各氏が登壇した。

あわせて読みたい

  • 正しい医療情報を発信することで救える命がある……医師の使命とは

    正しい医療情報を発信することで救える命がある……医師の使命とは

    dot.

    11/3

    「お前の描く女はエロいといわれます」石川雅之が描く女の子はなぜカワイイ?

    「お前の描く女はエロいといわれます」石川雅之が描く女の子はなぜカワイイ?

    dot.

    4/15

  • 「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「診察室だけでは患者を救えない」と考えた現役医師がとった解決策とは?

    dot.

    9/4

    医療現場の見えない葛藤を言葉にしていくために――マスコミが報道すべきだったこと【幡野広志×大塚篤司】

    医療現場の見えない葛藤を言葉にしていくために――マスコミが報道すべきだったこと【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    9/4

  • 「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    「僕たちには医療不信のベースがある」悪循環を断ち切るためには?【幡野広志×大塚篤司】

    dot.

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す