香港デモ長期化の影に中国政府による分断工作が? 「圧力」の手口を朝日記者が明かす!

中国

2019/10/02 17:00

 いまだ出口の見えない香港情勢。長期化するデモの現場では何が起きているのか? 中国政府による分断工作の可能性を指摘するのは朝日新聞国際報道部記者の峯村健司氏だ。中国当局による二十数回の拘束経験や、ハニートラップの実態を暴露した『潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)の著書のある峯村氏が、TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」(2019年9月18日放送)で明かした、中国当局によるさまざまな圧力の手口を特別に公開する。

あわせて読みたい

  • 拘束された日本人記者が告白! 長時間拘束で中国当局がどうしても知りたかったこと

    拘束された日本人記者が告白! 長時間拘束で中国当局がどうしても知りたかったこと

    dot.

    10/17

    ブログで「助けて!」 ハニートラップを命じられた中国人女優が激白した驚きの手口とは?

    ブログで「助けて!」 ハニートラップを命じられた中国人女優が激白した驚きの手口とは?

    dot.

    10/21

  • 「新学期に増えるのも同じ」…日韓で共通する「いじめ」のリアル

    「新学期に増えるのも同じ」…日韓で共通する「いじめ」のリアル

    週刊朝日

    9/25

    安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    安倍政権の国家観は「歴史の言葉」の「つまみ食い」 荻上チキ×片山杜秀が警鐘

    AERA

    12/5

  • 荻上チキさん 大学院に進学した理由のひとつに「図書館が使える」

    荻上チキさん 大学院に進学した理由のひとつに「図書館が使える」

    dot.

    7/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す