自宅に医師が来てくれる「在宅医療」 病院での医療とは何が違う?

ヘルス

2019/10/02 07:00

 現在、約8割の人が自宅ではなく、病院で最期を迎えています。一方で厚生労働省の調査では、「自宅で最期を迎えたい」と希望する人が75%を超えています(平成29年度「人生の最終段階における医療に関する意識調査」)。最期まで住み慣れた自宅や地域で自分らしく暮らすことを望むのは、当然のことかもしれません。

あわせて読みたい

  • 「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    9/24

    医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    医師が自宅に来て診療してくれる「在宅医療」はお金がかかる? 実際の費用を医師に聞く

    dot.

    11/4

  • 「入院」より「在宅医療」を選ぶ患者が増加 どんな人が受けられる?医師に聞く

    「入院」より「在宅医療」を選ぶ患者が増加 どんな人が受けられる?医師に聞く

    dot.

    10/31

    在宅医療は家族に負担? 高齢一人暮らしでも受けられる? 医師が答える5つのギモン

    在宅医療は家族に負担? 高齢一人暮らしでも受けられる? 医師が答える5つのギモン

    dot.

    10/31

  • 自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    週刊朝日

    11/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す