初のMGCで中村が魅せた! 大迫は“半端ない”脇役に

2019/09/16 16:00

 2020年の東京五輪代表選手を決める選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が9月15日、明治神宮外苑を発着点として開催された。男子は30選手が初めての試みとなる「明確な一発勝負」に臨み、2時間11分28秒で優勝した中村匠吾(富士通←駒澤大)、8秒差で2位に入った服部勇馬(トヨタ自動車←東洋大)の2選手が代表に内定した。日本記録保持者の大迫傑(NIKE←早稲田大)は3位となり、今後の対象レースの結果次第となった。

あわせて読みたい

  • マラソン五輪代表逃した設楽の恩師が喝「世界と戦うには準備不足」

    マラソン五輪代表逃した設楽の恩師が喝「世界と戦うには準備不足」

    dot.

    9/15

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    伸び悩んだ選手も多い? 箱根駅伝のエースだった男たちの“その後”

    dot.

    2/12

  • 男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    男子マラソン、東京五輪は厳しいが…大迫だけじゃない「箱根経験者」快走

    週刊朝日

    3/13

    箱根駅伝の“通説”破った東京マラソン それでも男子復活は厳しい?

    箱根駅伝の“通説”破った東京マラソン それでも男子復活は厳しい?

    週刊朝日

    3/15

  • 「もっと暑くなれ」男子マラソンの中村匠吾と駒大監督の挑戦

    「もっと暑くなれ」男子マラソンの中村匠吾と駒大監督の挑戦

    週刊朝日

    10/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す