ことしは1年生がアツすぎる! 森木ら次代を担う高校球児を一挙チェック (3/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ことしは1年生がアツすぎる! 森木ら次代を担う高校球児を一挙チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
高知高の1年生、森木大智 (c)朝日新聞社

高知高の1年生、森木大智 (c)朝日新聞社

 三拍子揃ったリードオフマンタイプでは吉岡道泰(専大松戸)がイチオシ。中学時代から高い打撃センスが目立つ選手で、高校進学後もすぐに外野の一角に定着。春の関東大会では3試合で9打数5安打、夏の千葉大会も2試合で5打数2安打と高い打率をマークしている。タイミングのとり方に無駄がなく、膝を使って打てるのが長所。広角に打ち分けてヒットゾーンが広いのも魅力だ。

 高校入学直後に華々しいデビューを飾りながらその後伸び悩む選手もいるが、最近では清宮幸太郎、根尾昂のように順調に成長してドラフトの目玉となった例も少なくない。ここで取り上げた選手たちも2年後には高校球界を牽引し、そしてドラフトでも注目を集めるような選手になっていることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい