感動のあまり泣き出す女性も… 作家・森絵都がデビュー30年で初のサイン会開催 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

感動のあまり泣き出す女性も… 作家・森絵都がデビュー30年で初のサイン会開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野裕見子dot.#朝日新聞出版の本
森絵都さんにサインをしてもらう女子中学生(撮影/浅野裕見子)

森絵都さんにサインをしてもらう女子中学生(撮影/浅野裕見子)

サイン会開始前にはファンの長い列ができた(撮影/浅野裕見子)

サイン会開始前にはファンの長い列ができた(撮影/浅野裕見子)

森絵都(もり・えと)/1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。90年「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞、17年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞、本屋大賞2位など受賞歴多数。7月5日、朝日新聞出版から長編エンターテインメント小説『カザアナ』を出版(撮影/伊ケ崎忍)

森絵都(もり・えと)/1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。90年「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞、17年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞、本屋大賞2位など受賞歴多数。7月5日、朝日新聞出版から長編エンターテインメント小説『カザアナ』を出版(撮影/伊ケ崎忍)

カザアナ

森 絵都

9784022516145

amazonamazon.co.jp

 7月24日の夕暮れ時。丸善書店丸の内本店(東京)には長蛇の列ができた。児童文学から青春小説、家族小説など多彩に活躍する作家、森絵都さんの新刊『カザアナ』(朝日新聞出版)の出版を記念したサイン会だ。意外にもデビュー30年にしてサイン会は初めて。開催告知からすぐに同店には問い合わせが相次ぎ、当日参加も加わってファンの列は伸びていった。

【写真】サイン会開始前にできた長蛇の列

■性別も年齢も問わないファン層

 森さんのファンの特徴は男女問わず、幅広い年齢層ということだ。サインを求める列にはセーラー服の女子中学生の姿も。

 先頭に並んだのは50代の男性。中学校の国語教諭だという。

「学校でも子どもたちに勧めています。特に中学生の日々や悩みを描いた『カラフル』はあの年頃の子どもの内面を見事に描いていて、みんな共感するようです。作品を通して生徒との距離もぐっと縮まります」(男性)。

 作品が親子の絆になったという人も。中学3年の女子生徒は、母親(47)と一緒に茨城から参加した。森作品と出会ったのは小学校時代だ。「中学受験の問題集に森先生の作品があったんです。好きなのは『みかづき』や『Dive!!』です」と話す。母親は「反抗期でぶつかることもありますが、作品が共通の話題になります」。

 読書が通勤時間の楽しみだという会社員の男性(58)は「とにかくジャンルが幅広く、どの方向に向けても緻密で、発想力がすごいと思いますね。新作は長編なのでしばらく楽しめそうです」と顔をほころばせた。

■感動のあまり泣き出す女性も…

 新刊の『カザアナ』の舞台は、国力も低下し、人々は監視社会の閉塞感の中に生きているという近未来の日本。そんな時代をタフに生き抜く女子中学生、里宇(りう)、不登校の弟と二人の母親は、石や虫など自然と心を通わせる力を持つ“カザアナ”の末裔と出会う。カザアナたちと関わる人たちは少しずつ笑顔になってゆく。やがて謎のゲリラ組織が登場し、騒動は国を超えて――。ささやかで身近な変化から時空を超えてゆく展開、その圧倒的な世界観は「作家生活30年、想像力の大爆発」と評されている。

 サイン会でも、次々と笑顔は連鎖した。憧れの作家に会えた感動で泣き出す女性。「新作が楽しみで楽しみで、新聞や雑誌の書評はあえて読まずに今日を待ってました!」と興奮気味に語る人。偶然書店を訪れていてサイン会に気づき、あわてて新刊を手にレジへ走る人も。
 ファンの愛は熱く、燃え続ける。「小さいときからファンでした」という女性の番が来た。森さんが「え? 今は……?」と尋ねると「社会人1年生です!」。

 サイン入りの最新刊を抱きしめながら、女性は会場を後にした。(ライター・浅野裕見子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい