地方なのに「採用には困ったことがない」 漁業に革命を起こすシングルマザーの働き方改革

朝日新聞出版の本

2019/05/30 16:00

 山口県の沖合に浮かぶ萩大島で、よそ者、当時24歳、シングルマザーでありながら、漁師たちをたばねて会社の社長になった女性がいる。事業成功までの波瀾万丈な道のりを描き話題を生んだ著書、『荒くれ漁師をたばねる力』の著者・坪内知佳さんだ。刊行から1年半、彼女のパワーは衰えるどころかさらに進化を見せている。改めて振り返る“荒くれ”たちとの日々と、彼女がいま描く「夢」とは――。

あわせて読みたい

  • ビジネス書には載っていない。漁業を救う女性起業家が目指す、懐かしくて新しい経営

    ビジネス書には載っていない。漁業を救う女性起業家が目指す、懐かしくて新しい経営

    dot.

    6/13

    「金スマ」で話題! ピンヒール姿で荒くれ漁師をたばねる女性の驚きの“前進力”

    「金スマ」で話題! ピンヒール姿で荒くれ漁師をたばねる女性の驚きの“前進力”

    dot.

    9/24

  • ゼロからスタートして未来を開く。漁業を変革した女性起業家を支えるアイデアの源泉とは?

    ゼロからスタートして未来を開く。漁業を変革した女性起業家を支えるアイデアの源泉とは?

    dot.

    6/6

    100人の漁師を束ねるシングルマザー “取っ組み合いのケンカ”しながらつくり上げたビジネスモデル

    100人の漁師を束ねるシングルマザー “取っ組み合いのケンカ”しながらつくり上げたビジネスモデル

    AERA

    5/17

  • よそ者、24歳シングルマザーが漁師のボスに!? 新事業成功の理由とは

    よそ者、24歳シングルマザーが漁師のボスに!? 新事業成功の理由とは

    dot.

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す