「実は真面目」で絶賛売り出し中、EXITが突き進む「チャラさ」の向こう側 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「実は真面目」で絶賛売り出し中、EXITが突き進む「チャラさ」の向こう側

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
りんたろー。(左)と兼近大樹のコンビ、EXIT

りんたろー。(左)と兼近大樹のコンビ、EXIT

 若手芸人が売れるための手段の1つとして「キャラで売れる」というのがある。ほかの芸人との差別化のために、目立ちやすい何らかの「キャラ」を背負うことで、世間に注目されるというものだ。

 この作戦が成功してキャラが認知された芸人は、しばらく経つとバラエティ番組でそのキャラに反する別の一面があると暴露されたりする。「ワイルドな男」のキャラで世に出たスギちゃんが、ワイルドではない小心者の素顔をばらされる、などというのが典型的なパターンだ。キャラをいったん身にまとい、あとからそれを脱がされるというのは、これまでにも多くの若手芸人が通ってきた道だった。

 ところが、最近、キャラを打ち出してそれを脱がされるという二段階をかつてないほど速いペースで済ませてしまった異色の芸人がいる。チャラ男漫才師のEXITである。EXITはりんたろー。と兼近大樹の二人組。2人とも「チャラさ」を売りにしていたのだが、テレビに出始めた瞬間から、それをあっさりと脱がされてしまった。そして皮肉にも、それこそが彼らが注目されるきっかけになった。

 2018年7月に放送された「ゴッドタン」の若手芸人を紹介する企画で、EXITは「今のバラエティで売れそうな若手芸人」1位として登場した。服装と言葉遣いがチャラい感じのチャラ男漫才を演じていた。

 だが、レギュラー出演者であるおぎやはぎと劇団ひとりは彼らに質問を投げかけ、あっという間に彼らのチャラくない真面目な素顔をあぶり出してしまった。「チャラ男」というキャラが認知されるより先に、「実は真面目」という素顔の部分の方にスポットが当たったのだ。

 ここから人気に火が付き、多くのバラエティ番組に出るようになった。りんたろー。はもともと私生活でもチャラい一面はあるのだが、老人ホームで介護のアルバイトをしていたこともあり、根は真面目な好青年である。相方の兼近は酒も飲まないしタバコも吸わない。女遊びどころか恋愛経験も少なく、そもそもチャラいところのない人間だった。ベビーシッターのアルバイトをしていて子供好きの一面もある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい