現役力士も絵で参加 「平成の相撲絵師」展に相撲ファンと力士たちが集まる理由

2019/05/08 11:30

 最近、何かと騒がしい「大相撲の伝統」。日本の相撲は「古事記」や「日本書記」に登場し、平安時代には宮中で行われ、江戸時代に興行スタイルが確立した。となれば、出自をいつの時代に求め、何を伝統の基軸とするのか?によって、伝統とやらの色合いは大きく変わるはずだが、いやぁ、なんともかんともですなぁ、などと曖昧模糊とすること自体が大相撲の伝統なのかもしれない。

あわせて読みたい

  • 白鵬は批判を覚悟で「鬼」になった 「横綱とは何か?」を自分の頭で考えた

    白鵬は批判を覚悟で「鬼」になった 「横綱とは何か?」を自分の頭で考えた

    AERA

    11/30

    賛否両論の帰化 白鵬が心に秘める相撲への“真実の愛”と“覚悟”

    賛否両論の帰化 白鵬が心に秘める相撲への“真実の愛”と“覚悟”

    dot.

    4/21

  • 貴乃花と白鵬がそもそも合わない理由とは? 「北朝鮮じゃないんだから対話しろ」の声も

    貴乃花と白鵬がそもそも合わない理由とは? 「北朝鮮じゃないんだから対話しろ」の声も

    週刊朝日

    12/13

    白鵬「『モンゴルに帰りたい』と泣いているように見えた」 入門直前の姿を元力士が語る

    白鵬「『モンゴルに帰りたい』と泣いているように見えた」 入門直前の姿を元力士が語る

    AERA

    10/5

  • 無観客なのに五輪柔道を観戦した横綱・白鵬「相撲協会が弱腰すぎる」と批判相次ぐ

    無観客なのに五輪柔道を観戦した横綱・白鵬「相撲協会が弱腰すぎる」と批判相次ぐ

    dot.

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す