人の顔色を読みすぎる“気にしいアホ”から脱却する、たった一つの方法 <アホから解放される相談室> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

人の顔色を読みすぎる“気にしいアホ”から脱却する、たった一つの方法 <アホから解放される相談室>

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「人の機嫌を優先させてしまう」ことについて。

*  *  *
【相談】私は、とても人の気持ちに敏感です

 常に誰かに嫌な思いをさせていないか、とても気になってしまうのです。たとえば、「どうしてもこれを実現させたい!」という思いがあっても、かかわる人に迷惑をかけたり、無理をさせたりすることがあると、自分の目的を達成することよりも、「人に嫌われないこと・人に嫌な思いをさせないこと」を優先させてしまうのです。

「無理しなくていいです」「じゃあ大丈夫です」が口癖で、周囲のリアクションによって、すぐ自分の提案を引っ込めたり、勝手に忖度をしたりしてしまうのです。

 仮に、運良く我を通して目的を実現できたとしても、喜びの感情はほとんどなく、「もしかしたら嫌な思いをさせてしまったのではないか」とずっとクヨクヨしてしまいます。

 他人の一時の感情より、自分の目的を優先できるようになりたいです。どんな気持ちの持ち方をしたら私は変わることができますでしょうか?

  とはいえ、周りに嫌われてしまっては、大きな目的を実現できないこともあると思います。

 我を通すことと、周りの感情に配慮することについて、田村さんはどのようにバランスをとられていますか?

■勝手に周りの人が協力してくれるように

「嫌われる勇気」という本がありましたが、私はそれより「嫌われない技術」の方がずっと大事だと思います。特に今の日本はそうです。
あなたが嫌われない技術をすでにお持ちだとしたら、それを大事にされるべきです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい