新元号を予想しただけで総バッシングのベッキー 四面楚歌の理由は?

2019/04/01 10:00

 2月に読売ジャイアンツの2軍内野守備走塁コーチ・片岡治大氏(36)との結婚を発表したタレントのベッキー(35)。「週刊文春」にスクープされた川谷絵音(30)との秘められた熱愛、通称“ゲス不倫”から3年、禊も済ませやっと幸せを手にしたのかと思われたが、実際にはまだまだ風当たりが強いようだ。スポーツ紙の芸能担当記者は次のように語る。

あわせて読みたい

  • 桂文枝、狩野英孝、宮崎前議員…恋愛暴露で売り出す女たち

    桂文枝、狩野英孝、宮崎前議員…恋愛暴露で売り出す女たち

    週刊朝日

    3/9

    有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーが幸せを掴むまで
    筆者の顔写真

    ラリー遠田

    有吉に「元気の押し売り」というあだ名をつけられたベッキーが幸せを掴むまで

    dot.

    2/16

  • ベッキー捨て身の「ゲッツ!」 自虐ネタは復活の突破口となるのか?

    ベッキー捨て身の「ゲッツ!」 自虐ネタは復活の突破口となるのか?

    dot.

    5/29

    ママタレ狙うも“ベッキー再生プラン”が混迷を極めている理由

    ママタレ狙うも“ベッキー再生プラン”が混迷を極めている理由

    dot.

    11/25

  • 2017年もまだまだ続くゲス不倫 次は女子アナが狙われる?

    2017年もまだまだ続くゲス不倫 次は女子アナが狙われる?

    週刊朝日

    1/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す