タイの希少猫守る日本人女性らの奮闘 錆びついたケージから猫のか細い鳴き声… (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

タイの希少猫守る日本人女性らの奮闘 錆びついたケージから猫のか細い鳴き声…

このエントリーをはてなブックマークに追加
室橋裕和dot.#ねこ
タイでも猫の人気は高い。ぺットも野良も愛されている(撮影/川床和代)

タイでも猫の人気は高い。ぺットも野良も愛されている(撮影/川床和代)

希少なタイ原種猫を守り続けてきたプリチャーさん(撮影/川床和代)chico http://chico.co.th/

希少なタイ原種猫を守り続けてきたプリチャーさん(撮影/川床和代)
chico http://chico.co.th/

 2月22日の「#猫の日」にちなみ、AERA dot.では猫特集を敢行! かわいい猫に心和ませるのもいいが、この世界にはひどい環境で暮らす猫たちも多く存在している。猫の日こそ、猫たちの現実にも目を向けてみてほしい。今回は、タイの希少猫を守る日本人たちの活動を紹介する。

【タイの希少猫たちの写真はこちら】

*  *  *
 美しいはずの白い毛並みは、すっかり汚れ果ててしまっていた。狭く錆びついたケージの中で、か細く鳴き声を上げる。ところどころ破れた屋根からは、南国の厳しい陽光が差し込む。あまりの暑さにぐったりとする、たくさんの猫たち
シャム猫に代表される、タイ原産猫の保護施設、通称「猫の家」は、ひどく老朽化していた。

 そんな環境でも、なお気品を感じさせる猫の一匹を抱き上げ、愛おしそうに撫でているのは、プリチャーさんだ。齢80を数えるプリチャーさんは、バンコク郊外で長年「猫の家」を運営し、けんめいに維持してきた。祖父の代から75年。しかしもう、限界に近かった。

「タイに住んでいる猫好きの一人として、なにかできないかと思ったんです」

 と話すのは、バンコクで猫カフェ&雑貨店「Chico」を営むチコさん。店は在住日本人や、猫好きのタイ人で賑わう。いまでこそタイにも猫カフェは増えたが、2004年のオープン当初は「Chico」くらい。珍しさからタイ・メディアの取材を受けたり、猫を40匹も飼っているほどの「猫派」で知られた元バンコク都知事が遊びに来たりもしたそうだ。

「私は日本のメディアのコーディネートもしているのですが、その取材で『猫の家』を知ったんです」

 猫好き同士、チコさんとプリチャーさんの交流がはじまった。その中で、タイ原産猫の置かれた厳しい状況を聞かされるのだ。

 500年前のアユタヤ王朝時代には、29種のタイ原産猫がいたらしい。そのうちの1種が、日本でもよく知られたシャム猫だ。しかしいま残っているのは、5種にすぎないという。その純粋な原種の遺伝子を残し、未来につないでいく……それが「猫の家」の使命だとプリチャーさんは言う。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい