韓流アイドルへの人権侵害? 秋元康とのコラボ、日本イベントを中止させた韓国ファンらの“圧力”が生まれる理由 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

韓流アイドルへの人権侵害? 秋元康とのコラボ、日本イベントを中止させた韓国ファンらの“圧力”が生まれる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
福井しほdot.
写真はイメージです

写真はイメージです

韓流アイドルのコンサート会場に贈られた米花輪(※写真は本文とは関係ありません)

韓流アイドルのコンサート会場に贈られた米花輪(※写真は本文とは関係ありません)

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さんの暴行事件をめぐる騒動は、未だに解決する兆しが見えない。ネットでは今村悦朗支配人(当時)の辞任を求める署名が行われ、5万人以上が賛同。その後、今村支配人に代わり、新たな支配人が就任した。14日に開かれたグループの運営会社「AKS」の会見では「騒動の責任を取ったわけではない」と否定し、“人事異動”とコメントしたが、スポーツ紙などでは「事実上の更迭」という報道が相次いだ。

 この人事にファンの声が影響したのかどうかは定かではない。だが、お隣りの韓国では、ファンの抗議がアーティストや事務所を動かす事例が相次いでいる。

【写真】練炭に卵も!? 韓流アイドルのコンサート会場に贈られる「米花輪」はこちら

2018年9月には、世界中で絶大な人気を誇るK-POPボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」の楽曲を秋元康氏が手掛けることに韓国国内のファンが猛反発。楽曲は“お蔵入り”になった。秋元氏が手掛けた過去の楽曲を引き合いに「少女を商品のように扱う」などの批判が噴出していた。

 また、昨年12月には、韓国アイドルグループ「NU’EST W」が新アルバム購入者を対象にハイタッチ会、サイン会、2ショット撮影会を日本で予定していた。しかし、この発表を聞いた現地ファンから反発の声が上がり、「アーティストの人権侵害」「スケジュールがハードすぎる」といった抗議文が書かれた付箋がNU’EST Wの所属事務所の窓や壁に貼り付けられる事態となった。事務所側は公式ファンサイトにお詫びを掲載。イベントの中止が決定した。

 韓国の芸能事務所がファンの声をここまで受け止めるのには理由がある。

「アイドル市場が小さい韓国では、どのアイドルも国外デビューを前提として日々練習に励んでいます。練習生の頃から歌やダンスに加えて英語はもちろん、日本語や中国語を学びます。さらに、アイドルやスターとしてのふるまいも教育されているので、『ファンあってこそ』の精神が強いのです」(韓国在住の日本人ライター)

 世界進出を目指してほしいと応援するファンが、夜遅い時間にもかかわらずご飯を食べながらアイドルの練習場で“出待ち”する光景もめずらしくないという。

 さらに、韓国ならではともいえる、ファンのこんな“推し”もある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい