佐藤二朗「今田耕司さんに怒られた! マメシバ映画に主演するも犬に興味ない私」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐藤二朗「今田耕司さんに怒られた! マメシバ映画に主演するも犬に興味ない私」

連載「こんな大人でも大丈夫?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤二朗dot.#動物

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

佐藤二朗(さとう・じろう)/1969年、愛知県生まれ。俳優、脚本家。ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役や「幼獣マメシバ」シリーズで芝二郎役など個性的な役で人気を集める。ツイッターの投稿をまとめた著書『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)のほか、96年に旗揚げした演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を手がける

(C)2019「柴公園」製作委員会

(C)2019「柴公園」製作委員会

 個性派俳優、佐藤二朗さんが日々の仕事や生活の中で感じているジローイズムをお届けします。

【画像】10年で「メタボは進化した」? 口だけ達者な中年ニート・芝二郎の変遷

*  *  *
 知っている人は知っているけど、知らない人はまるで知らないという、当たり前のことではありますが、そんな映画があります。不肖わたくしが主演の映画で、一部(いや一部というのは無用な謙遜かな。ここは思い切って、三部)のコアな方々からありがたくも支持され、シリーズ4作品が製作された「マメシバ」シリーズなるものであります。タイトルを一作目から並べますと、「幼獣マメシバ」「マメシバ一郎 3D」「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」「幼獣マメシバ 望郷篇」。2作目、なぜに3D?というのはさておき、僕は「芝二郎」という、口だけ達者な中年ニートの役を演じております。

 で、今年、「柴公園」という映画が6月に公開されますが、実はこの映画にも「芝二郎」登場します。他にも2011年に公開された「犬飼さんちの犬」という映画にもお邪魔しておりまして、上記4作品と併せますと、「芝二郎」、6度目の登板と相成ります。

 最初の「幼獣マメシバ」がちょうど10年前。今年で50歳になる僕がよもやまた、芝二郎を演じることになろうとは。10年前より当たり前のように白髪は増え、老眼になり、メタボは進化した、口だけ達者な中年ニートに成長はあるや否や。

 で、先日、映画「柴公園」の取材で、久々に芝二郎を演じたことについて記者さんから色々聞かれました。困りました。記者さんはもっと困ったと思います。実は僕、犬の映画で主演した経験がある人間にあるまじき発言なんですが、犬が好きでも嫌いでもなく、興味がないのです。

 これ、10年前から一貫(?)しておりまして、1作目の番宣でテレビ番組に出た時も、MCの今田耕司さんから「でも、さすがに撮影を終えた今は、犬に興味が沸いてきたんじゃないですか?」と聞かれ、「……いや、特に変わんないス」と答え、「なんやの君!」と困らせてしまったことがあります。で、10年が経ち、先日取材を受けた時もやっぱり気持ちは変わらず、とはいえ犬の映画だからといって、思ってもいないのに「犬、大好きです!」と嘘はつけず……。記者の皆さま方、本当にごめんなさいでした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい