小林麻耶もハマった? 「子宮系女子」のトンデモな実態

女子

2019/01/05 17:00

 子宮は女性にとって大事な器官です――そう聞いて異を唱える人はいないでしょう。そこでは新しい命が育まれます。子どもを持つ、持たないは個人の自由ですが、身体の機能としては10代のころからずっとそのための準備を整えています。一方で、子宮体がんや子宮内膜症ほか、特有の病気もあります。命に関わる病もあり、不安を抱える女性も少なくありません。

あわせて読みたい

  • 子宮系スピリチュアル、布ナプキン信仰... 女性を脅す

    子宮系スピリチュアル、布ナプキン信仰... 女性を脅す"呪い"(?)の正体を検証

    BOOKSTAND

    4/18

    子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    dot.

    7/22

  • 女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    女性の4人に1人かかる「子宮筋腫」 無症状が多いが内膜直下にできると不妊の原因に

    dot.

    7/18

    「唐辛子やショウガで体温上がる」「温活で妊娠」に根拠なし 専門家が誤解を指摘

    「唐辛子やショウガで体温上がる」「温活で妊娠」に根拠なし 専門家が誤解を指摘

    AERA

    11/23

  • 子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    子宮頸がんワクチン 積極的勧奨が中止のままの日本にあるこれだけのリスク 

    dot.

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す