坂上忍とフジテレビの“蜜月”に危機 「坂上どうぶつ王国」打ち切りも?

平田昇二dot.
 俳優・坂上忍が司会を務めるフジテレビ系「坂上どうぶつ王国」が視聴率低迷に苦しんでいる。

「坂上どうぶつ王国」で共演中の好感度の高さで知られるお笑いコンビは?

 10月にスタートした同番組は、大の犬好きで人間と動物が共生する楽園を作るという夢を持つ坂上が自ら望んでスタートさせた新番組。

 芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「坂上さんは以前から芸能界を引退後は田舎で大好きな動物に囲まれた生活を送りたい、尊敬する畑正憲さんの『ムツゴロウの動物王国』のような“楽園”を作りたいという思いを抱いていたそうです。そうした中、今回の番組は数多くのレギュラー番組を抱えるフジさんに自ら企画を売り込み、多忙の中で貴重なプライベートの時間を削ってロケに臨むなど、並々ならぬ思いで番組作りに取り組んでいます」

 坂上とはお昼の情報番組「バイキング」をはじめ、複数の番組でMCを任せるなど蜜月関係にあるフジも助力を惜しまなかった。

「バイキング」でも共演し、好感度の高さで知られるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」や現在ブレーク中の「野生爆弾」のくっきー、ジャニーズ事務所の次世代エースグループ候補「King & Prince」の高橋海人らをレギュラー陣に投入するなど、放送開始前からかなりの力の入れようだった。

 その背景には“盟友”の熱意に応えたいという思いと同時に別の思惑もあったようだ。

「『坂上どうぶつ王国』が放送されている金曜日の午後7時台は元々激戦区。しかも、前番組で古舘伊知郎さんがMCを務めた『モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~』が1年持たずに打ち切りになっており、フジさんとしては是が非でも人気番組を定着させたい枠でもあります。いわゆる“動物もの”は、テレビ離れが叫ばれる昨今においても視聴習慣が強い年配層にもウケが良く、勝算が見込めると考えたのでしょう」(テレビ誌編集者)

 ところが、同番組はいざスタートしてみると、10月12日放送の初回3時間SPこそ平均視聴率9.1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と、近年視聴率で苦戦しているフジの番組としてはまずまず健闘したものの、その後は低迷を続けて5%台を記録することも。

続きを読む

次ページ>

早くも打ち切りも取り沙汰されているとか…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック