古賀茂明「安倍政権の外国人単純労働者の受け入れ拡大は経団連のための低賃金政策だ」

政官財の罪と罰

古賀茂明

2018/11/19 07:00

「人手不足だ!」という経済界の悲鳴に応えるべく、自民党政権は、これまでも日本の労働者の賃金を国際的に見て低い水準に抑える政策を一貫して採ってきた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す